唯一の。
aIMG_9680 (1)
今日郵便物を出しに行きましたら、
赤ポストの口から、今話題のスーパーの袋、白いビニール袋の持ち手がベロッと出てたんですわ。

「なにこれ~~(((( ;゚д゚)))アワワワワ」


中がどうなっているか分からないと、こちらの郵便物も入れられません。
まるでビニール袋をのみ込んでしまった海洋生物の口から引き出すように、
ズルズルッ、ズルズルッと引きずり出してみましたら。


袋に入ったまんまのレターパックライトが、そこから出てきました。
見れば若い女性の文字で宛名が書かれています。
わざわざ専用封筒買うぐらいなんだから、
大事なもののはずなのに。
ビニール袋に入れたまんま投函!
しかも中途半端にか!

「ここで盗まれても文句言えんぞ(-_-メ)ムッ」


ブツブツ言いながら、また封筒だけ投函してあげる無職の中年女性が一人。
誰か誉めてくれ( ´∀` )。




aIMG_9680 (2)
ワタクシも、勤め始めた頃は至らぬ事も特に多かったと思うのですが。
若い子ってのは、なにするか分からん(´Д`)キッパリ。

ワタクシ、自分の仕事でそれどころではないのに、
「明日からインターン来るから」
の一言で、某私大の女子大生を一人、しばらくの間面倒みた事がございます。
そもそも、インターン呼ぶような会社でもないのに、
絵に描いたようなダメな中小企業なのにねー(´-`).。oO。と思いましたが、
そこはそれ、
「社長がゼミの先生にいい顔したいから」
に決まってるじゃないですか。



・・・って、ワタクシ大学卒業してないから分っかんないんですけど、
50過ぎても「ゼミが~」って集まりに顔出ししたり、
費用会社持ちで
印刷物を作ってあげたり発送してあげたり(ワタクシが土曜出勤してやらされるんだけど)って。



おかしくねぇか、いやおかしい(-_-)反語。




なので、またその「ゼミ」からって、
どんなJDが来るんだよ~と思ってましたら。
「こんにちは」
あら、面白そうな子が来た。

いらしたのは、明るくて頭の回転が良くって、
化粧っ気のない、お嬢さん。
美人さんですが気どりのない子で、
「あれもやります、これもやります」
と、仕事をてきぱき進めてくれる👏👏👏。


・・・助かるわぁ(・´з`・)。


面白いのでどんどん任せていたら、
課長から耳打ちが。
「あんまりやらせると。
社長が機嫌悪くなるぞ。
会社のいい所見せたいだけなんだから」

( *¯ㅿ¯*)へー。



ところでこのお嬢さん、イイ感じで一日一日勤めてくれたのですが。
三日目ぐらいから、唯一の難点が発見されました。

靴を履いていられないのです。

ふと振り返ったら、
裸足でそこらをぺたぺた歩いているのです。


「うわおっ(*ノωノ)」


慌てて注意しましたが、
「無理」
との事。
「わたし、長時間靴を履いていられないんです(キッパリ)」
「普段、だって学校とかでは履いてるでしょ(;゚Д゚)」
「履いてない(キッパリ)」





・・・( *¯ㅿ¯*)へー



ワタクシ、なんだかメンドクサクなっちゃったので、
そのまんまにしておきました。
お客さんが来ても裸足で出て行くので社長が顔色変えてましたが、
自分で言えばいい事なので放っておきました。




彼女、一カ月弱いたかしら。
最後まで本当によく働いてくれたけれど、裸足でした(笑)。
完璧な人間って、いないんですね。うふ。
あ、そういえば、
インターンらしく色々しっかり見聞きしていくのも忘れなかったみたいで、
「社長の経営方針を色々疑う」
趣旨のレポートを後で出したらしいです。
やっぱり賢い子だったわ。裸足だけど(笑)。



裸足で出来る仕事、今頃してるかな。
こちらも明日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング





gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



スポンサーサイト



【2020/07/02 01:54】 | 職歴 | コメント(0) | page top↑
ワタクシ、容疑者A。
IMG_2082.jpg
ワタクシが初めて勤めた会社では。
残業を支払ってもらえる時間に上限がありました。
30だか40だか忘れましたけれど、
それを超えた場合は、
60でも70でも、
30だか40だかを差し引いた分は払ってもらえないのです。
それを知ったのは、初めてその分を超えて残業した月の事でした。


・・・そんなの聞いてなかったが(; ・`д・´)。
そもそも、「社則」も、ですが。




IMG_2081.jpg
ワタクシ、会社勤め1年生、色々無知ではございましたが、
「ただ働き」だけはしたらいかん( ˘•ω•˘ )!と、そう思っておりました。
社内一人親方状態ですから、まあ自由は利くといえば利く。
ならば規定時間いっぱいまでは頑張る、でもそれを超えるのはやめようと、
翌月から残業数を数えつつ働く事にしました。
・・・そもそも社員目線でいえば、
欲しいのは「残業していい時間」の上限だったんですけどね。
でないと過労死しちゃう(´-`).。oO仕事テツダッテー。



と、ある日の事。
総務のヌシ、的なオネエサマに呼び出されまして。
「今月から、タイムカードをもって店舗周りして。
各店舗で打刻してくれる?」
「・・・(。-∀-;)」



ワタクシ、少々戸惑いました。
だって、男性の他の店舗担当者は誰も、
店回りでウロウロしていてもドトールでアイスコーヒー飲んでても、誰もそんな事していなかったから。

「どうして一人だけしないといけないんですか。
もしかして、ワタシ何か疑われてます?」

「はあ」




・・・はあって、ホントに疑ってるのΣ( ̄□ ̄|||)OMG⁉



さすがにワタクシの上司、
いつも目を合わせてくれない課長が、そこからは代わって聞いてくれたところ。
ワタクシが、毎月ぴったりお金が出る分だけ残業しているのがおかしい。
出先で終わる時はタイムカードは手書きでいい“ルール”だったのですが、
本当はどうだか分からない、
じゃ、疑おう調べようとなったそうです。



「ほんとはもっとやってる時さえありますけど!
払わないし書いても無駄、ってこの前言うから(←言われた)!
だから、ぴったりしか書いてないんですけど(#゚Д゚)マッケンロー!!」

よっ、今日も出ました(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ。
ムキーとなって、課長に喰ってかかるワタクシ。



ちゃんと勤務管理したいんならいいんです。
やるべきです。
だから営業全員やるならやる、そう言いはりましたが。
結局、ワタクシだけタイムカードを持って歩いて各店舗で入・出を打刻、
しかも「毎日」各店舗の店長のハンコ要とされましたよ。
課長がウンウン♪って、総務の話受けて来ちゃったんでね(*´Д`)アハハ。



この頃には、ワタクシ担当商品の売上が上がりつつある事も、
数字になってしっかり出てきてたのに。
一体、ワタクシが何してると思ってるんだろう。




「他の営業なんて、店に来たって何にもしないけどね。
客層を見るとか言って、
入口にスーツ姿の男が後手に仁王立ちしたりしてさ。
来ないでくれって思ってるんだけどね・・・」

店舗の店長たちには、
捺印してもらいながらそんなような事を口々に言われて慰めてもらいましたが。

ですがこの頃。
上を向いて歩いても、涙がこぼれて耳に入る日々でした。




外耳炎になっちゃうよ。
明日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング





gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



【2020/07/01 02:43】 | 職歴 | コメント(0) | page top↑
鬼がいた。
IMG_1878.jpg
みなさん、ヘルニアってなった事ありますか?
ワタクシは腰も首もやった事があるんです。
病気自慢をしたくなったら、
働き過ぎで病んできたか、
年を取ったかどっちかなので気を付けようね(・´з`・)。



初めて腰のヘルニアになったのは、
初の営業さん稼業に奮闘していた時の事でした。
毎日のように入れ替え用の商品や資料の大荷物を持って、
神奈川県→都内数店舗→神奈川県と、半日足を棒にして回っておりましたら、
ある日突然腰が立たなくなりました。
徒歩15分の駅まで、30分経っても到着しない・・・(。-∀-)
丁度目の前が病院だったので、
駅に行くのはあきらめて、這うようにして病院の門を叩きました(タスケテー)。




IMG_1879.jpg
ヘルニアって、よく聞く病名なので、ワタクシなめておりました。
よもや、

こんなに痛いとは。


電車に乗っていて、
ガタンと揺れるだけでも激痛が走って、
座席の上で飛び上がりかけるほどでしたよ。



それでもワタクシ、
店舗周りを続けておりました。
荷物の重さも大して変わりません。
お店が社長案件を嫌がっていた理由の一つに、
店の「稼働率」が落ちるからという事がありました。
毎月、店面積をベースに売上や在庫データを取られて、
店長会議でああだこうだ言われるのですが、
あんまりにねほりんはほりんなので、
そうなるとみんな、
「死に棚になっている一角」、
ワタクシの担当商品の場所ですが、が目障りでしかたない( ゚д゚)ヤムヲエン。
なのでワタクシ、
「データ集計の直前には在庫を一部引き取る」
のを条件に、
あれやこれやさせてもらう事としておりました。
なので、月に何度か、
大量の返品伝票を切って商品を持ち帰り、
また翌日には新しい伝票を切って商品を持ち込む、
という非効率的な事をしておりました。
その時はそうするしかなかったのです。


とはいえ、
一人でこの作業をするのはヘルニアンには辛かった( ノД`)シクシク…
なんとかせねば、でも・・・と悩んでおりましたら、
ある日、ワタクシの席に社長がお出ましになられました。

「〇〇くん、ヘルニアになったんだって?」

見ると、こちらを覗き込むように、腰を横に90度かがめております。

rj.jpg
こんな感じ。こんなカワイクないけど。

「あ、はい」
「ボクもさー、お友だちがやっぱりヘルニアになっちゃったんだって」
「はあ」


社長なんでか、
rj.jpg
まだこの格好のままです。


「どうすんのこれから」
rj.jpg
「・・・一応リハビリ行ってるんで」


「友だちがさー、」
rj.jpg
「もう、こうなっちゃったまんまなんだって。
体が曲がっちゃって。治らないらしいよ。
女の子でそんななっちゃって、どうすんのー」

rj.jpgrj.jpgrj.jpg

そっか、それが言いたくってさっきからその姿勢・・・








特大(#゚Д゚)マッケンロー!!
よっ、ひさびさ出ました(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ。





あの時、ワタクシにもうちょっと知恵があったら。
「そうですね、もうダメかもしれないんで、労災申請しますね」
ぐらいニッコリ微笑んで言ってやれたのにヾ(:3ノシヾ)ノシ。
でもさ、



この人、どうして人を傷つける事しか言えないんだろう。
しかも病人とか弱い立場の人に対して、差別と偏見しかないタイプの人なんだなっと。
ああ、ここに鬼がいる・・・
そう思って( ゚д゚)ポカーンとしちゃって。


「あ、もしそうなら、それ違う病気じゃないですかね。
ヘルニア、普通は治りますんで」
とだけ、まだ( ゚д゚)ポカーンとしたまま言うのが精一杯でしたよ。



ほんとに治ったけどね。
でも、治らない病気にもケガにも、
常識的な対応ができる、そんな人にワタクシはなりたい。
明日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング

「大丈夫?」の一言さえも、その後も結局ありませんでした・・・
お前そんなんで大丈夫?と、こっちから言ってやりたいが( ´∀` )。




gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



【2020/06/30 01:25】 | 職歴 | コメント(0) | page top↑
あの日あの時あの場所から。
IMG_8422.jpg
ワタクシ、30歳を過ぎてやっと一般企業の正社員になりましたが。
うちの会社は、そもそもどういうつもりでワタクシを採用したのか。



前任者が辞めるとなった時、このポジション自体なくしてしまえば本当は良かったのでしょうが、
社長の手前、それができなかったようです。
社長がお好みで買い付けてしまった、山のような在庫。
それを背負わされるのも、営業の部隊はゴメン、でもあったのでしょう。



IMG_8418.jpg
状況が分かったところで。
ワタクシも、ただ座して・・・というワケにもいきません。
ネットが駄目となった以上、
毎日午後は、自社の売り場を回る事にしました。

どの棚も、商品は汚れが目立ち、埃だらけ。
値札もどこかに行ってしまっているし、
本当に棚奥の蛍光灯が切れている店もありましたが、
その一角だけ陰が差しているかのよう(笑)。
ワタクシ、雑巾と水スプレーを持参して、
「営業中に悪いんだけど」
と、大掃除から始める事にしました。
本社の近郊に数店舗、本業の直営店がありましたので、
荷物を持って電車に乗って、毎日エッホエッホと駆けずり回っておりました。



IMG_0359.jpg
どれぐらいそんな事をしていた頃でしたでしょうか。
その日はバックルームに入って、
ストック棚に放置されたままの在庫を見上げてため息をついておりました。

どうしたらいいのか、全くわからん。

と、販売員の女の子が一人、いつの間にか後ろに立っていたんです。



「〇〇さん(←ワタクシ)って、大学出てるんですか」
「え・・・入ってるけど、出てないんだけど(;''∀'')パチクリ」

不意打ちでした。
前置きもなく、突然の質問です。
「へー」


実はワタクシ、前から彼女の事はちょっと気になっておりました。
店を回るようになって何度か顔を合わせていますが、
社内でデータを見ましたら、毎月売上成績がトップクラスでした。
本社の中では態度がキツイという評価でしたが、
接客態度を見ていたら、とんでもない、
はきはきとして感じのいいお嬢さんで、
成績がいいのもナルホド、でした。



そんな彼女、ちゃんと言葉を交わすのはこの日が初めてだったのですが、
疑うような眼差しでこちらを見ております。
「・・・社長と同じ、大学ですか」
「え、ちがうちがう。全然ちがうよ(;゚Д゚)」
うちの社長、某私大卒以外は人間にあらずな人で、前任者も同窓生でした。
チーム社長に入れられたらたまらんと、ワタクシ、ブンブンと頭を振りました。



・・・すると、
「そうなんだー!」
彼女はぱっと満面の笑みを浮かべております。
(;゚Д゚)エッ?

「また好き勝手やる人が来たんだと思ってたけど、
なんか様子が違うから、
みんなあれ?って思ってたんですよー」

とニコニコ。



「これ、売りたいんですか」
「あ、うん」
「じゃ、うちらに言って下さいね~♪」





そう言い残してまた店に出ていく彼女の後姿に、後光が差して見えました〜。゚(゚´ω`゚)゚。
現場が胸襟を開いてくれた瞬間でした。





この頃から、少ーしずつ。
少ーしずつ商品が売れ出したのです。
氷が解けるように少しずつですが、
それでもなんでも、売れ出したのです。
そして何より嬉しかったのは、
販売の現場のスタッフたちが、
「お疲れ様です」
どこの店舗に行っても、
向こうから声をかけてくれるようになった事でした(┳Д┳)泣。
新しい値札を本社に請求して貼り直して陳列も直して、
手書きの「うちの店で売れそうな商品リスト」
をくれた子もいました。



あの時は、みんなありがとう。
明日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング





gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



【2020/06/29 00:21】 | 職歴 | コメント(4) | page top↑
そもそも、ね。
IMG_9926.jpg
ワタクシ、初めて勤めた会社では営業さんでした。
社内で、ある雑貨類のブランドを担当する事になっており。


でも、正社員一年目でもすぐに分かったぐらい、
その実態はなかなかに厄介なものでした。

営業の担当者はワタクシ一人。
(前任者は入れ替わりで逃げて辞めて行った・・・)
社長は、
「日本で一人のブランドマネージャーだね♪」
(;゚Д゚)と言ってましたが、そんな呑気な話じゃない。
販路は会社で経営していた小売店の中の一角と、
お義理でお願いしていた社長のお友だちのお店の片隅のみ。
売り場も限られていた上、
更に悪い事には、店の客層と商材が噛み合っていなかったので、
商品はただ店の中で浮きまくっていて、
棚で無為に日焼けして色が変わって、
そっとホコリをかぶっておりました・・・(-_-;)マスマスダメジャン



IMG_9925.jpg
こういう時こそ、ネットの力!なのですが、
ホームページは放置され、月に数件の注文があるかないか。

慌てて、まずはここから手を入れたいと思ったのですが、
ホームページを作成した業者と当時ほぼ没交渉になっており、
商品の更新さえ「できない」との事。
いっそオークションサイトでも使った方が早そうでしたが、
「それは嫌」と言うので、
「じゃあ、どうにかしてくれ」と訴えましたら、
そもそもこのブランドに手を出しちゃった張本人の社長曰く、

「うーん、ネットの力とかじゃなくって、
“口コミ”で売れたいんだよね~♪」




Σ( ̄□ ̄|||)





(ノ`□´)ノ⌒┻━┻

ほんとは、ワタクシの入社前に、
「この商品のために作った店一軒潰しちゃってるから、
もう金がかけられない」
(課長談)だけのくせにーーーー。






一般論ですけれど。
二代目って、本業以外の事を、
本業の土俵でやりたがりますよね?
ボクサーになりたかったのは分かるけれど、
今は相撲取りである以上、
まずは横綱になってみたらどうかと思うんですが、
なんかダメみたいですよね?
男心って複雑よね😉?




明日もがんばります😉タブン。

転職・キャリアランキング





gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



【2020/06/28 02:38】 | 職歴 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ