だから、今教えているのだが。

aoxc (1)

ワタクシが以前勤めていた会社。
全くと言っていいほど、

社員教育がなかった

んですが。




aoxc (2)

・・・ちなみに、ワタクシは事務職だったのですが。
その範囲内で周囲を見ても、
会社員経験がほとんどなくて採用されてきた方(新卒にあらず)や、



aoxc (3)

ずっとこの会社だから、

仕事の事は

なにも分かりません




aoxc (4)

という方々がずらり・・・(゚∀゚)アヒャ
ものすごくありえないビジネスメールを送っていたり、
提出物を作成していたりは日常茶飯事でして・・・

かく言うワタクシも、まさか事務のプロを気取るつもりはないものの、
それでも見かねてしまって、
「それはあまりに、」
と思う時は、個人的にならないよう上司を通して
「それはヤバいですぜ」
と声を掛けたりはしていたのですが、
いかんせん彼女たちもわざとやっているワケではないので、



「なんでそんな事で

注意されないといけないんですか」




と、すぐに逆ギレするんですΩ\ζ°)チーン。
そっかー、そうだよね。
分かんないんだもん、
教えてもらってないんだから、仕方ないよねー。
私が悪いんじゃないんだもん、
傍からなにか言われる筋合い、ないよねー。







(´∀`*)ウフフ・・・









だから、

もう失注したってどうしたって、

なにも

言わないようにしてたんですけど(´∀`*)ウフフ。







しかし、この教育が至らないのは、
全会社的な事なので。
いいんだったらいいんですけど。
でも、それでもやっぱり、良くない時もあるんです。
お客さまに迷惑や損害を与える時なんかね(・ω・)ノ。
そして、もう一つ。
例え聞いても教えてあげないくせに、
仕事が分からないままの人を、
「あいつは仕事ができない」と決めつけて、
それが原因で
「いじめ」「嫌がらせ」等々が生じている場合。

実はワタクシがいた部署にも、
ワタクシの後から入ってきた営業さんがおられたのですが・・・



今日もがんばります😉。
※ブログ拍手へのいつも優しい!コメントも、ありがとうございます♪
(楽しく拝読してます!)
普通にコメント欄に、書ける人は書いて下さってもいいんですよー!


転職・キャリアランキング


なんにも教えてもらえないと、
中途採用者ってほんとに辛いものです。
とっとと教えて仕事してもらった方が、
結局みんないい思いするのにね?
でも、「自分だけが仕事ができる」顔したい人がいると、
なかなかそうもいかなくって・・・




次回、情けは人の為ならず・・・?ですよ(・∀・)♪




gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。

スポンサーサイト



今後のご活躍を。

aaasIMG_7950 (1)

ワタクシ、実は会社と事を構えるにあたって。




aaasIMG_7950 (2)

「あんまり前段階で

時間がかかるようだったら。

裁判にしちゃってくださいっ」





aaasIMG_7950 (3)

と、先生にお伝えしておりました。
というのも、いわゆる金目当てでしている事ではないので。
ワタクシはただ、正当に扱われたいだけなのですから。
人として。




aaasIMG_7950 (4)

ま、

先生はちょっと鼻で笑ってましたけどね。

そんなゆるいもんじゃないんで、

裁判って(´∀`*)ウフフ。





aaasIMG_7950 (5)

この昨今のドロドロ具合を体験する内に、
そんな事はワタクシにも段々骨身にしみて分かってはきたのですが、
ですがそれでも、
「一応、そのつもりでいるって事は。
交渉で使える時があったら使ってください」
とはお話しておりました。
というのも。

当時の会社。
お取引先はけっこう大手さんが多かったので。
そういう話題は喜ばないでしょう、普通(・ω・)ノ。

大きな会社だったらなにもない、とは努々申し上げませんが、
拝見している限り、様々な規則や制度が整っている度合いは、
もー関東の片隅の中小企業とでは

桁違い

で( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \。。
特に外資の場合。

「日本の慣習であろうとも」

お歳暮等贈答品は一切禁止、
就業時間外での飲食等接待の一切の禁止、
等々をご連絡頂いている会社は何社もございました。
そして、
「違反があった場合、

弊社社員に厳罰が下されます」

との事なので、
「ご迷惑をおかけしてはいけないので」
と、こちらから固辞しやすいわけです。
ありがたやー(*´з`)。
ま、その隙間を縫う人は必ずおるんですが、
いいなぁ、そういう会社、そういう世の中・・・







ワタクシは

コンプライアンスって言葉大好きだよ。

Complianceのなにが悪いんだよ(・д・)チッ。






などと思っておりましたら。

「~♪」

ある日、一通のメールを頂きました。
見れば、そんな大手社の中で接点の多かった女性技術者の方からで、

「この度退社→転職致します」

との事。
ああ彼女なら。
年代はワタクシよりやや年下の四十代なれど、
素晴らしい学歴、
ご専門の知識の他に語学も堪能、
なにより明快な受け答えのできる、朗らかなお人柄ですもの。
次のお勤め先は、よりビッグ企業で専門職。
明らかなステップアップじゃないですか・・・




今日もがんばります😉。
※ブログ拍手へのいつも優しい!コメントも、ありがとうございます♪
(楽しく拝読してます!)
普通にコメント欄に、書ける人は書いて下さってもいいんですよー!


転職・キャリアランキング


やだー

ワタクシ力不足(/ω\)イヤン。


いや、
ほんとに40過ぎたら世の中の95%の人は、
転職先なんぞ簡単には見つからない、
と体感で思い知っておりますが(%はワタクシの皮膚感((´∀`)))。

ですが、きちんと積み重ねて来た方には、
まだキャリアの先が続く年頃でもあるのです。
・・・( ゚д゚)ハッ、ワタクシも頑張らなくては!!


次回、彼は昔助けた亀さん・・・?ですよ(・∀・)♪




gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。

痛打。

e (1)

ワタクシ、なぜかもうおつきあいとしては先がないと分かっている会社で、
毎日無駄に必死に働いていた自分に気がついたのですが( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \。

・・・しかし、それでもとりあえず。
勤務だけは引き続き続行する事と致しました。
金銭的な問題がございますし、
まだ社内にいないと出来ない事もあるような気が致しまして(`・ω・´)ゞ。



e (2)

「分かりました・・・」

また会社側との話し合いを近々に持つ予定なので、とは弁護士さん。
とにかく、無理はしないで下さいよと。

「でも、次の事は、

ほんとにもう動いて頂いて

いいんですからね」





ワタクシ、ふくめるように言われて、
了解しました(・ω・)ノと。
ご心配に御礼申し上げてお電話を終了したのですが。





今日もがんばります😉。
※ブログ拍手へのいつも優しい!コメントも、ありがとうございます♪
(楽しく拝読してます!)
普通にコメント欄に、書ける人は書いて下さってもいいんですよー!


転職・キャリアランキング


また次の仕事を

見つけないといけないんだった(/ω\)イヤン。



ワタクシ当時、この会社に勤めている間に、
ステキな40歳を通過して数年が経っておりました。

・・・次の仕事なんて、

あるのかしらー( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ 。





次回、ワタクシできる人はできると知るよ(・∀・)♪




gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。

ごもっとも。

adseIMG_8115 (1)

ワタクシ、弁護士さんから
体調にまで出るのは決していい状態ではない、無理しないで


「休職してもいい」

なんなら

「もう退職してもいい」

んですよ、
それでも話し合いは続けられるんですからとご忠告して頂いたのですが。




adseIMG_8115 (2)

「・・・」




adseIMG_8115 (3)


「今やっている仕事を

滞らせてはいけないと。

それでお客さまに

ご迷惑がかかってはいけないと。

・・・そんな風に、

それしか頭にありませんでした(/ω\)イヤン」







今日もがんばります😉。
※ブログ拍手へのいつも優しい!コメントも、ありがとうございます♪
(楽しく拝読してます!)
普通にコメント欄に、書ける人は書いて下さってもいいんですよー!


転職・キャリアランキング


「それは、

会社が考えないといけない事で、

社員、じゃないですねー」





そうですねー( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \。
なんで会社に、仕事につくしちゃってたんだろ、ワタクシ。
真面目にやっても返してくれない相手なのに。
やだやだ、怖い怖い。



次回、ワタクシこの後に及んで考えがまだまだ浅かった事にさらに気づくよ(・∀・)♪




gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。

定期連絡。

aaax (2)

ワタクシ、会社内で過呼吸を起こして倒れちゃった数日後。
その事も含めて、弁護士さんに状況連絡をしたのですが。




aaax (3)

実は、過呼吸の事はおいといても、今やワタクシの状況は惨憺たるものになっておりました。

弁護士さんにお願いして会社と本格的に話し合いを始めて以来、
社内では極めて冷たい扱いを受けておりました。
おもわぬ方からの手のひら返しやさらなる嘘等はもとより、
特に女性社員の一部からは徹底的に無視されておりまして。
ロッカー室などにワタクシが入って行くと息を止めて慌てて退去する、
仕事上の連絡さえ滞るは序の口で、
席にいると内線で「ガチャ切り」の無言電話がかかってくる。
そもそも仲良しこよしの関係性ではありませんでしたが、
どこでどうなっているのか、ある日突然ここまで徹底した態度を取られるようになったので、
ワタクシとしては打つ手もなく。
あまつさえ限定公開のネット上にもあれこれ書かれているらしくて、
それも被害の証拠になるかと思いましたが、
うまい事そのコミュニティに入る方法もなく。



aaax (1)

「そうですか・・・」

電話の向こうの先生はため息を一つついた後、

「しかし、ネットとかそういう情報はどこから?」

「たまに耳打ちしてくる人もいるんです」

「・・・そういう方々も、
面白がってるだけの可能性もありますからね」

「そうなんですよね・・・
余計な事は言ったりしないようにしてます・・・(-_-)」







とワタクシ、自分では思わぬご提案を先生から頂戴したのです。


「・・・金銭的な事もありますから、
解決までお仕事続けられながらっていうご希望で伺っていましたが」

「はい(・ω・)」」

「もう無理して行かなくってもいいんですよ」


「え?」

「先の事を考えて。
次に進む方向もありますよ」







「ご自分を大事にされてもいいんですよ」


今日もがんばります😉。
※ブログ拍手へのいつも優しい!コメントも、ありがとうございます♪
(楽しく拝読してます!)
普通にコメント欄に、書ける人は書いて下さってもいいんですよー!


転職・キャリアランキング


あ・・・( ゚д゚)
ワタクシ、はっとしたのでしたよ。



次回、ワタクシこの後に及んで考えが浅かった事に気づくよ(・∀・)♪




gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。

これがワタクシの、死ぬかと思った。

aq1 (1)

ワタクシ、仕事中に人生初の過呼吸になりまして。
気がついたら、
総務の主任さんの車の後ろに
「エイッ(*ノωノ)」
と放り込まれたところでやや意識が戻ったのですが。




aq1 (3)

車は近所の救急病院を目指しておりました。
この時、ワタクシ「これが過呼吸かー」などと思っていたわけではなく、

ひたすら

とっても

とんでもなく苦しかったので、





aq1 (2)

救急車呼べって、

頼んだじゃん(・д・)チッ



と思っておりました。
いや、これ過呼吸じゃなくって心臓発作とかだったらどうするんだと。
しかも、どうせ救急車呼ばなかったのって、
社長の指示だったりするんでしょー(「近所に目立ってはいかん」とか)とも。
後で聞いたらやっぱりそうだったりしたんですけど。

そして、
ワタクシの人生経験から申し上げると、



救急病院に、

救急車じゃなくって行くと、

受け入れてもらえなかったり、

もらえても

すんごい時間がかかる事がある


ので・・・(´∀`*)ウフフ
この時は後者でしたが。





ワタクシ、幾つか検査をして、
待機室のようなところで寝かされて、
やっと診察となった頃。
呼吸はほとんど落ち着いておりましたが、
わんわん泣いておりました。



「息ができない、

というだけの事が、

これほど怖い事だとは(´;ω;`)ブワッ」



ほぼ同年代の男性の先生は、
ややひいておられるようでしたが、
ワタクシ、それどころではございませんで。




「ほんとに!

死ぬかと思った。

溺れるのと何が違うんですか」





「・・・また息が苦しくなるといけないんで、
少しゆっくり落ち着きましょー(´・ω・`)」




しかしワタクシ、これが落ち着いていられるかという(笑)。
そんな心持ちでおりました。
はー、怖かった。
ほんとにほんとに怖かったのですよ。

今日もがんばります😉。
※ブログ拍手へのいつも優しい!コメントも、ありがとうございます♪
(楽しく拝読してます!)
普通にコメント欄に、書ける人は書いて下さってもいいんですよー!


転職・キャリアランキング


過呼吸で死ぬ人はいない、と言いますが。
「死ぬかもしれない」という恐怖でどんどん症状が悪化するという、
なかなか恐ろしい状態でございました。
一時意識もなくしましたし(・ω<) てへぺろ。
以降現在まで、この時のような発作に襲われる事は起きておりませんが、
こりゃいかん、
早くどうにか現状から脱出しなくてはと痛感したのでしたよ_( _´ω`)_ペショ。



次回、ワタクシ、弁護士さんに愚痴るよ(・∀・)♪




gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。

それは突然やって来て。

aaIMG_5749 (1)

ワタクシ、かつて社員は、特に女性社員は、
仕事をしない方が重用される、
・・・っていうか出世とかはしないけど、
そこにいてもいいよと言われる会社にいたのですが。
だって、やる気出してあれこれ言って来るようになったりしたら、
そんな女、鬱陶しいじゃないですか。
自分たちは今のまま、
今まで通り好き勝手にしたいだけだから、
新しいやり方とか、お客のニーズに応えるとか一切いらないし(´∀`*)ウフフ。




aaIMG_5749 (2)

・・・そう、女性社員は電話取ってその辺掃除して、
お菓子配ってニコニコして、
たまには八つ当たりで注意とかされても
「ごめんなさーい」
って受け流してくれればいいんですよ。
お互い人間なんだから不機嫌な時もあるんだし。
忘年会ではおててナデナデされたり、
膝の上に座らされたりしても、お互い大人、
そんなのよくある事で大した事ないんだから。



aaIMG_5749 (3)




やだー、こわいー。

古き良き世界ーー(´∀`*)ウフフ。







自分の勤めていた会社がそんなところだとは、
数年勤めている内によっく分かったのですが。
とはいえ、部署で一番の勤続年数を誇る同僚が、
仕事中平気で半時間も席を外して、
給湯室でくつろいでいるのを見た時は、
なかなかの衝撃を受けたのです。
しかし・・・







「(´・ω・`)・・・」






ワタクシ、これはちょっとチャンスかなっと思ったのでした。
なかなか二人で面と向かう事もないので。



「〇〇さん、突然なんですが・・・」



ワタクシ、以前勤めていた女性社員の連絡先を知らないか、
彼女に思い切って尋ねてみたのでした。
弁護士を入れての話合いに必要なのでと正直に。




「え、アタシなんにも知らないです」




彼女はいつものように、
なぜか真剣な話をしているのにいつものように、
クスクス笑いながら知らないですぅと首と手を同時に横に振るのでした。
ほんとに?ほんとに?
一人でもいいんですよ、
前の住所録データ送ってくれるだけでいいんですけどと、
ワタクシ、二度三度は食い下がってみたのですが、
彼女はあいかわらずクスクス笑っているばかり。




・・・そうですか。





「あ、部長が心配してるので。

席戻って下さい」




ワタクシの言葉に、
解放されたとばかりに彼女はパッと嬉しそうな顔になって、
マグカップを手にいそいそと給湯室を出て行ったのでした。
ワタクシ、彼女と並んで歩く気になれなくて、
少しその場にとどまったのでした・・・(´∀`*)ウフフ











アイツ、

絶対知ってる( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ 。











ワタクシ、なんでこんなめにあってるのかしらと。
虚無感と喪失感と失望感にまみれて、
自分も給湯室を出て行こうかとしたのでしたが。





あれ (;゚∀゚)?



ワタクシ、その時、思わぬ異変を我が身に感じまして。
なにもしていないのに自然とハアハアと息が上がってしまって。
そしてその内そのまんま、そこにパッタリ倒れてしまったのでしたよ。

今日もがんばります😉。
※ブログ拍手へのいつも優しい!コメントも、ありがとうございます♪
(楽しく拝読してます!)
普通にコメント欄に、書ける人は書いて下さってもいいんですよー!


転職・キャリアランキング


おそるべし、ストレス(゚∀゚)!


ワタクシ、人生初の過呼吸を起こしまして。
偶然通りかかった社員に「救急車」を頼んだのでしたが、
なぜか呼んでもらえなくって、
駆けつけた総務の人の車に乗せられて、近所の救急病院まで連れて行かれたのでしたよ。


次回、殺す気かっと思ふよ(・∀・)♪




gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。

いないいない席にいない。

oii (1)

ワタクシ、同僚に社内トラブルに相談をしようかどうしようかなーと
躊躇していたのですが。
だって、なんだかハードル高そうで。



oii (2)

その彼女、ワタクシが入社してきた際は色々面倒もみて下さって。
社内の分からない事などもあれこれ教えて下さったのでしたが<(_ _)>。


しかし、しばらくすると、
ああこの人は、
あまり仕事に興味がないんだなと。
あまり最後までちゃんとやり遂げないよなと。
要は責任感とかちょっとないよなと。
思わされる事が度々起きてしまいました。
その度に、いつの間にやらこちらの負担が増えていったので、
「ちょっとそれは・・・」
と、率直に一度申し上げてから、
以来二人の間に心の余白が生まれていたのでした・・・(´∀`*)ウフフ



oii (3)

その日も。
ふと気づきましたら、
彼女の席が空席になっておりました。
五分・・・十分・・・ニ十分・・・
戻ってきません。

実は彼女、あまりに仕事をしないので、
隣に机を並べて上長がお目付け役になっていたのですが、
長に聞いても、
「え、あっ!?」
行方知れずなのでした。

ワタクシ、万一どこかで倒れでもしていたらいけないからと、
社内を見て来るように言われまして(`・ω・´)ゞ。
気分でも悪くなっただろうかと女子トイレにまず向かいましたら。






「ジョージョー♨」



「ん?」



すぐそこの給湯室の給湯器から、
「ストレート」で湯がただ下に落ちる音が聞こえてきたのです。



「ん?」


近寄っていきましたら、
ん、~~~~ (゜_゜ )普段感じないほどの湯気の気配が中から漂ってきたのでした。
ワタクシ、中をひょいと覗いたのでしたが。





「なにしてるのっ(゚Д゚;)!」






ワタクシ、思わず大きな声を出してしまいました。
なんと、そこには件の彼女が流しの脇に陣取って、
茶を飲みながら、
そして給湯器から存分に湯を出しっぱなしにしてたらいに受けた湯で

「手湯」

をしながらくつろいている真っ最中だったのです。






「・・・えっΣ(´∀`;)?」











・・・源泉かけ流し?

(^ω^* 三 *^ω^) チャウチャウ♪










ワタクシ、思わず「念のため」聞いてしまったのですが、
別になにかの病気で手指が異常に冷える、
とかそういう事では一切なく、


「気持ちいいから」


さっきから、
そうして湯浴をしておられたそうです・・・



「もうほとんど半時間経つけど。

ずっと、こうしてたんですか・・・」



「えへへ・・・」









彼女、笑ってごまかそうとはするものの、
まったく悪びれた風はないのでしたよ・・・

今日もがんばります😉。
※ブログ拍手へのいつも優しい!コメントも、ありがとうございます♪
(楽しく拝読してます!)
普通にコメント欄に、書ける人は書いて下さってもいいんですよー!


転職・キャリアランキング


いいなー、

こんな感じでやってきて、

これからもそうして行くんでしょー(´;ω;`)ブワッ。

こっちはすっかり追い詰められてるのにね(`・ω・´)b。

ワタクシ、あまりの彼女のフリーダムぶりに直面して、
腹を立てるを通り越して(立ったけど)、
母ちゃん情けなくって涙出て来ちゃったのでしたが。
そして、ああこんな風な方に、
真面目な話をして通じるだろうかと、
ますます不安になったのでしたよ(-_-)。


次回、車を呼んで欲しいよっ(・∀・)。




gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。

贈る言葉。

ssad (1)

ワタクシ、自分の証言を補完する何かを求めて社内の旅、
に出ておったわけですが。



ssad (2)

うーん、次はどうしようかな。

・・・組合が隠しもっている手紙については、
深追いしない事にしましたが。
ほんとにいつ、見せかけだけでも燃やす気かしれないし。



ssad (3)

次のステップとして。
歴代、弊社でセクハラパワハラにあって辞めて行った、
女性社員たちに、一人でもお話が伺えないだろうかとも思いました。
でも、お会いした事もない方々ですので、
住所も電話番号もようとして分かりませんでした。
古い住所録データも探してみましたが、
共有されてはいませんでした。
ワタクシの部署に、その当時数名女性社員がおりましたが、
その内のお一方が比較的古株でしたので、彼女なら知っているのではとも思いましたが・・・


ssad (4)

しかしどうだろう、もし知っていたとしても教えてくれるかは、
これまたびみょーに思われました。
彼女とはこの数年一緒に仕事をしてきたワケですが、
事情を説明したところで、
それに理解や共感を示してくれるような雰囲気の方では・・・(´∀`*)ウフフ
まあ、それゆえ、
他の女性社員よりやや長めに勤めてきたと言えなくもなかったのですが。





ワタクシ、加害者も、そちら側につこうとする人たちも、
みんな「浅瀬にいるつもり」なんだろうなと。
この頃、そんな風に思っておりました。
子供用プールのようなところにいる限り、
もし何かあって足をすくわれてひっくり返っても、
二三回手足をバタつかせればほら大丈夫、
また何事もなかったかのように立ち上がれると、高を括っているのですよ。




でも、

一歩先は、誰にも分からないんだけどね(`・ω・´)b。




なにかしらの被害者を無条件に馬鹿にする人は、
もし自分が被害者になった時、
それをきちんと表に出す事もできなくって、
余計な苦労をする事でしょうΩ\ζ°)チーン。
ワタクシは、そんな風になるつもりはございませんよ。
それって誰得なのよ(・ε・)プップクプー。



というわけで望み薄ではございますが。
ワタクシ、その女性社員に一度ご相談をしてみる事にしたのでしたが。

今日もがんばります😉。
※ブログ拍手へのいつも優しい!コメントも、ありがとうございます♪
(楽しく拝読してます!)
普通にコメント欄に、書ける人は書いて下さってもいいんですよー!


転職・キャリアランキング


ワタクシ、状況についての把握を男女で語る事にまるで意味を感じないのですが、
「男は」「女は」と括るのが好きな人がいる以上、
そういうフォーメーションが形成されてしまう事はあると思うんです。
そういう事態を打開するためにも、
この言葉が大好きです。


「助け合わない女性には

地獄で特等席が用意されている」


まずは誰でも助けてと言われたら助ける、が大前提ですけどね( ゚д゚)ウム。
長与千種さまやグレート-O-カーンさまを見なさいな。



次回、社内にうたせ湯があるよ(・∀・)。




gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。

同じ嘘でももうちょっと。

bbv] (1)

ワタクシ、そんなこんなで、
組合員も所詮は弊社社員、
同じ風土に染まっているのだなと思い知ったのでしたが。




bbv] (2)

それでも、弁護士さんを正式にお願いしてから、
証拠集めのため一度だけ「長」に再アプローチを致しました。
ちなみに、この頃既に、
弁護士さんが間に入ったという事は会社中に知れ渡っており┐(´∀`)┌ヤレヤレ。




bbv] (3)

「手紙、の存在があるのは分かってるんで」

ワタクシ申し上げました。

「一度見せて頂けませんか。
今や弁護士さんがちゃんとおられるので、
そんなものがむやみに公開されたりしないよう、
手を打って下さるよう相談してみますから」




bbv] (4)

「長」は、えっと驚かれた後・・・即返はされませんでした。
公開されない、のところではちょっと嬉しそうな顔になりましたが。
そして、
「みんなに相談してみる」
と立ち去る時は、
やや足取りが軽く見えましたが。

( ^ω^)・・・決心してくれるかはびみょーだな。
そう思ってはいたのですが。








数日後。
また仕事中に「長」からお声がけを頂きました。




「あの手紙なんだけど、」

「はい(・ω・)」











「誰かが燃やしちゃった」









( ゚д゚)。







「・・・そんな小学生みたいな嘘を( ゚д゚)?」




ワタクシ、さすがに本音をぽろりさせてしまいました(*´з`)。
今日もがんばります😉。
※ブログ拍手へのいつも優しい!コメントも、ありがとうございます♪
(楽しく拝読してます!)
普通にコメント欄に、書ける人は書いて下さってもいいんですよー!


転職・キャリアランキング


(ノ≧∇≦)ノ ミ ┸┸マッケンロー!

いや、それでいいと思ってるならいいんです。
一生そうやって後ろ暗いところを抱えて脅され続けて、
でも、自分の身勝手のために傷ついている人がいても構わない。
そんな事をしている内に、
いつかそのハートが真っ黒に染まってしまっていても、
当人たちは気づかないでしょうから( ゚д゚)ウム。


次回、ちっ、それにしても何かまた探さなきゃだよ(・∀・)。




gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。

プロフィール

daihime47

Author:daihime47
大学中退、
20代で美容師の資格を取得後、
フリーター、派遣社員を経て一般企業に就職。
15年ほどの会社員生活を経験。
40代で、勤務先から
弁護士を間に入れざるをえない程の
パワハラセクハラを受け、
退社後美容師に復職するも、
現在は持病の治療をしながら
おいとま生活を送っております。

愛猫ブログ「ぶち猫部」も管理しています。
同級生は
キャメロン・ディアスと
マツコ・デラックスです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR