「普通」って、それは定義次第で存在する。

vegatf (1)

ワタクシ、
ある日やっと稼ぎ口が定まって。
ε-(´∀`*)ホッとしながら
働き出したのでしたが。



vegatf (2)

お店はけっこう忙しく。
ワタクシ、
覚える事もたくさんありますし、
それとは別に、
今後の成長のため、
自分の練習等も進めて行かなくてはならず、
当初はあたふたとしておりました。


vegatf (3)

こちらのお店。
良かった事は、
「普通の」
お客さまが多かったのです。
この場合の普通とは、
特殊なスタイルや
微細なこだわりを追い求めるよりも、
「奇をてらわず
さっぱりとして
手入れが簡単」
で古臭くはないスタイルをご希望という事。


vegatf (4)

ワタクシもそういうスタイルを
お客さま目線からいえば求めていますし、
そういう髪型を提案できる美容師になりたい
と思っていました。
ですので大変勉強になり、
また、忙しい店であるからこそ、
少しずつでもあれこれ手伝わせて
もらえるので、
「経験」を積む事ができたのでした。
「見て覚えろ」
って言ったって、
見てるだけじゃね┐(´∀`)┌ヤレヤレ。
やって初めて身につくもんなんで。

そして、パートのお二人も、
ワタクシには仕事を手伝わせなきゃ
だって覚えたいんでしょ、
と自然にとらえてくれていて、

ワタシの客には触らせない

みたいな。
ポリシーと
テリトリーと
プライドを
看板に掲げているタイプではなかったので、
本当にありがたく、
日々指導と経験と練習を三位一体とさせる事が
可能となったのでした。
ワタクシここにいた時が一番、
「実践」ができたと後には思うのでしたが。



そんなパートさんたちでしたが。
おそらくほぼ同じぐらいの美容師歴、
キャリアをお持ちのようでしたが、
店内での様子、
位置づけには少々異なる点もあったのでした。
店長入れても4人しかいないのにね。
こういう事は本当に避けられないわ。



今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

仮にお二人を🌻さん、🌷さんとすると。
ヒマワリさんの方が
こちらの店での歴が長く、
実は唯一の、開店当時からのスタッフでした。
彼女は
その辺をしっかりアピールする性格だったのと合わせ、
労働環境
にもご希望がおありで、
丁度その点に着手したところだったのでした。
中でも特に彼女がお店に求めていたのが、

雇用契約書

が欲しいというもの。





( ^ω^)・・・









すいません、
レベルの低い話で。



あって当然なのに、
まだ日本には行き渡っていないものって
けっこうたくさんあるんですよ(ノ´∀`*)。
ワタクシ
会社ってどうなのよ」と、
勤めてすぐから、
ご質問を頂いたりしていたのでしたが。


次回ワタクシ、時間外はちょっと。
特にパートだしなーと思うよーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



スポンサーサイト



まずは飛び込んでみた新しい職場。

seiban2 (1)

ワタクシ、
前職から離れる事・・・
2か月ぐらいだったかしら・・・
やっと、パートで勤められる
美容院を見つけたのでしたが。




seiban2 (2)

そちらのお店。
女性店長以下、
全員パートさんでした。
アシスタントはワタクシだけ、
後はみなさん
技術者だったんですけれど。


seiban2 (3)

どうやらオーナー
正社員は雇わない方針だったみたいで。
駅からやや離れた住宅街の中にある当店、
地元の主婦層が顧客の9割で、
営業も朝早めの時間から夕方まで。
夜7時、8時まで営業するお店に比べたら
稼働時間も短いので、
主婦パートさんを上手く使って、
と思っておられるようで。
(普通9時5時で働けば充分ですけどね💦)

というわけで。
ワタクシ以外のスタッフお二人は
どちらも子育て中のお母さん。

「よろしくお願いします<(_ _)>」

「こちらこそ~」



・・・気さくそうな感じの方々で安心しましたε-(´∀`*)ホッ。
年代もほぼ同じでしたので、
仲良くやっていければいいなぁ。

ワタクシそんな風に夢見ておりましたので、
まさかそれからひと月ほど後に、
内お一人とはお別れする事になろうとは
夢にも思っていなかったのでしたが!
一寸先は分からないのね、人生って。



今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

9時5時で週5で働いたら、
普通正社員として問題ないはずですが、
「そんなんじゃ」
って認められないのが
働きすぎな業界の七不思議です。
そしてワタクシが勤め出した時、
労働条件についても通知書とか、
雇用契約書とかの類は一切頂いておらず、
時給と休みが決まっていただけでした。
口約束で。
ネットの求人広告に出ていた採用条件の通りではありましたが、
思わずスクショは保存しました(;^_^A。
いくらパートでも、これはちょっとね。


次回ワタクシ、「会社員だったなら」を期待されるよーーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



ここもまた一里塚。

daaa1 (1)

そんなわけで。
ワタクシ気がついたら、
パートとして採用して頂ける事になっていたのでしたがヾ(≧▽≦)ノ。




daaa1 (2)

・・・しかしいいかげん、
皆さんうんざりしていないかと思うのですが、
四十過ぎると、
かようにして転職、求職が大変になるわけですよ。
「決まる人は決まる」
とか、
「変に選ばなければあるはず」
なんていうのは、
仕事探している当人からしたら、


daaa1 (3)

嫌味にしか聞こえませんから。

面と向かっては仰らない方がよろしいかと存じます ( ゚д゚)ウム。


そう、ですので、
もし前職を辞める時に、
もらえるモノがあったなら💰💰、
きちんともらう事もお勧めします。

ワタクシも、
会社員を辞める時には、
原因が先方にあったので、
弁護士に入って頂いて、
慰謝料だか和解金だかは頂いているのです。
でもその時には、

お金目当てじゃないのにな・・・

とか、思ったりしたんです(´・ω・`)ショボー。
受けた心の傷がデカすぎて、
それで癒されたりするわけではなかったですし。




でも、その後。
結果こうして何年も彷徨う事になったんですから。
しかも、
普段はしまってありますけれど、
やっぱり心の傷も癒えてないんで。
なので今考えれば、


あと10倍貰ってても
足りなかったな
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ 。





確かに、
心の傷にお金を塗っても治りませんが、
お金がないと、
寝込む事さえできないんですよ。
そして結果、ある日力つきてパッタリ倒れるまで
ただただ歩かざるを得なくなったりもします。

しかも、これ副産物なんですが、
ワタクシ、自分の苦しみが分からないらしい人を
遠ざけるようになってしまいました。
例えば身内の者からなんですが、
「その金持って、
ハワイでも行って忘れればいい」
みたいな事を言われた事があったのですが、
以来、彼とは進んでは口が利けなくなりました。
これからも、だと思います。

そして、
「この人も分かってくれないかも」
と思うと人づきあい自体辛くなって、
新しい出会いも遠慮するようになりました。
こうなると、ぐるりドーナッツ化現象、
気付けばポツンと一人孤立して、
例え何かあったとしても、
頼る誰かさえもいなくなりました。
ねー、幾らもらったって
足りないでしょ。


しかし、
そんなあなたに朗報です。
最近は、人権とビジネス
なんて視点もあるわけです。



しかも今日は声を上げた人たちが
一歩進んだ日のようなので。

ワタクシ思うんですよ。
どうせ傷一つつかない人生なんかないんだから、
だったら時には闘った方がいいって。
必ず手を伸ばしてくれる人もいるし、
時代も動いてるんだから、
正しい方に行くのなら乗っかってもいいって。



でも、
いっぱいいっぱいですけどね(ノ´∀`*) 。
そんなワタクシたちに幸あれ。

今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  


次回ワタクシ、
パートさんとしてパートさんたちに会うよーーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



女は強い、わけでもないし、母は強い、わけでもない。

hakunaet (1)

ワタクシがその日面接に行きました美容院。
住宅街の外れにある、
小さな町の美容院でして。



hakunaet (2)

そう、この辺り、
戸建ても団地もマンションもあって
昔から典型的なベッドタウン、
人はたくさんいるんですが、
不思議と「店」がないんですよね。
駅からトコトコ歩きながら
改めてそれを実感しました。
どうやらスーパーも一つ潰れたりしたようで、
経済の循環が
なぜか潤滑ではないエリア・・・


hakunaet (3)

お会いした美容院の店長さんも、
ここからすぐの場所にご家族とお住まいだそうで

「この辺、買い物は不便なのよ」

との事。
店長さん、
元々は他県で長年美容師をしておられ、
シングルマザーになられたのをきっかけに
東京に出てきて、こちらに店を持たれたんだそうで。

「その前には千円カットで
働いてみたりもしたから」


あまり高価格にならず、
手ごろな価格で経営していく
あれこれも学ばれて、
この辺にはそういうお店がいいんではと、
そういうコンセプトにしておられるそうでした。
店長さん、経験も長くおありだし、
大先輩といってよい方だったのでしたが、
まだ学生さんのお子さんもおられるせいか、

お母さん

な感じがする方でした。
友だちのお母さん、っていうか。



「じゃ、今仕事してないんだ。
大丈夫なの」

「全然大丈夫じゃないんですけども」

「そりゃそうだ。
ご飯ちゃんと食べてる?」



・・・女同士、
だったら必ずしも分かり合えるわけではないですが、
一人で働いてご苦労して来られた方だからか、
ちょっとその方向では理解があるような。
ワタクシたち、
「女が一人で生きて行くって
やっぱり大変よ」
的な話で意気投合したのでした。
先方はさらにお子様もおられるのですから、
ご苦労のほどは
ワタクシなんぞの比ではないはずですが。

・・・って、猫好きではなさそうだから、
猫の話はやめておこうっと。
ワタクシ、あれこれぶっちゃけながらも、
若干の取捨選択はしたのでした。



今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

面接で話が弾む≒採用、
とも限りませんが。
実際、後で聞くと、
必ずしも先方は好印象だったわけではなく、
「会社員だった人だから」
と、他業種が来たっ!っと身構えておられたそうですよ。

・・・人間って、
分かりませんねー( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ。


それでも、
話している内には、
「やってみれば」
「そうですね」
になったのですから、
とりあえず和やかに会話するのは
大事かもしれません。
人間だもの( ゚д゚)ウム。



次回ワタクシ、
久しぶりにまた働き出すよーーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



西に東にさまよっておろおろ歩き。

kiminig (1)

ワタクシ、残念な面接を終え、
家に帰ってその日の夜中には
お断り、辞退メールをお送りしたのでしたが。
店長さん、でも負けず嫌いな方なので、



kiminig (2)

「こちらもそう思ってた」

って、
わざわざお返事くれました。
そうね、それぐらいじゃないと、
ここまでなれなかったんでしょうね。
でも、そのせいで今、
行き詰ってるんだと思うけれど(;´д`)トホホ。



IMG_3742.jpg

関係ありませんが、
古い雑誌に
タモリさんの自筆を見つけました。
字がきれい。ほんとに。
芸能人が自筆で「ご報告」される事ありますけれど、
きれいってネットで言われる人でもこういうんじゃない。
しかし、ワタクシが求めているきれいは
正にこういう字なのよ。
ちょっと文章の中味も味わい深いんですけど。


kiminig (3)

閑話休題。

メール文化に感謝しつつ、
悪筆なワタクシは、
これから美容師を続けて行くのか、
行けたとしても、
一体どうなるというのか、
今回の事で改めて疑問を頂いてしまったのでした。
いや、疑問を持っていなかったわけではないんですが、
他の道もなかったしね。
だからここまで歩いては来たのですが・・・
少しでも明るい方へと向かっていたつもりが、
逆に傘も持たずに暗雲立ち込める方に
歩いているような気もしてきて・・・



kiminig (4)

とはいえ、
じゃあどうする、
で無限ループのある日。

またワタクシの釣り針に引っかかったのは、
美容院でのお勤めの方でした。
面接のお約束を頂いて、
自宅のある駅と同じ沿線で
半時間ほど行った場所まで出かけて行ったのでした。
駅名は知っていたんですが、
まったくご縁がなかった場所でして。
ワタクシ、
各駅電車に揺られながら、
ちらほらと畑も残る
周囲の景色を眺めていたのでした。


今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

二十代で一度美容師を辞めて、
以来十数年間の会社勤めをしたのですが、
最後の会社であまりに酷い目にあったので、
もう会社勤めはうんざり、
とも思っていたのです。
こうして四十を過ぎて
結果として仕事を奪われて放り出されると、
やっぱりなにか自分で出来る力をつけなくっちゃ、
と思うわけです。
もう人は信じられないわって(ノ´∀`*) 。
となると、美容師というのも、
必ずしも悪い選択ではないはずなのですが。
せっかく資格持ってますしね。

最近、簡単に「学び直し」とか言いますが。
ワタクシ、家族とか知人友人にSEとか
そっち系がいるんですけれど、
みんなもの凄いブラックな労働ぶりで、
やっぱり体壊してたりするんですよ。
聞けば
「上司も病人だから、
みんなで順番に休んでる」
って・・・(;'∀')

なんの仕事をするんでも、
いい職場に出会えるかどうか、
これがカギなんだと思うんですが、
これこそが難しい
んですよね。
そして、
諦めずに歩き続けて行くためにも
健康第一ですよ(`・ω・´)b。



次回ワタクシ、
「お母さん」面接を受けるよーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



どうやら現実はそんなに甘くない。

sa1 (2)

ワタクシ、美容院の面接に行きましたら、
けっこー待たされちゃったのでしたが。
おされーな美容院でしたので、
待合にあったのは文字の少ない雑誌、
写真集が数冊あるだけで、
すぐ読み終わっちゃたしなぁ┐(´∀`)┌ヤレヤレ。



sa1 (1)

飛び込みのお客さまが帰られた後は、
やっと、無事面接になったのですが。

早速伺いますと、
先方が求めている人材は、
「時間内に全て片付けてくれる人」、
実はつい先日までアシスタントが一人いたそうなのですが、
なにがどうしたんだか、
ある日ブチ切れて辞めちゃったそうで。
その子もバイトさんだったそうなのですが、

「洗濯とか途中なのに、
時間になると帰っちゃうから」


っていうのが、
オーナーさんとしてはご不満だったそうで。
どうやらその辺で揉めたらしいんです。
(´・∀・`)ヘー、それはそれは・・・











って、それがバイトってもんだよ(;゚Д゚)!


定時内に遊んでたんならダメだけども。
ワタクシつい、

「いや、ワタシも、
営業中忙しかったりしたら
時間内に全てやり切れるとは
限りませんが。
残業していいなら、
また別ですけれども」

「それは困る。
追加料金はダメよ」





・・・はぁ( ゚д゚)




その後も。
彼女は自分がいかに忙しいか、
そして今まで一緒に働いた他の人たちが皆、
どれだけちゃんとやってくれなかったかを、
延々と話し続けてくれたのでした。
こりゃあかん・・・
ワタクシ「うんうん」と話を聞きながら、
家に帰ったらすぐ送るだろう、
辞退のメールの文面を
もう考えていたのでしたよ。


「本日はお忙しいところ
お時間を頂きありがとうございました。
お話を伺って
改めて検討して見たのですが、
ワタクシですとどうやら
力不足に思われ・・・」






今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

前に勤めた美容院もそうでしたが。
「一人でやりたくって」
一人美容院になっているところ、
意外に少ないもんです。
理由はともあれ、
「一人になっちゃった」
が多いようです(;'∀')。

また、ぱっと見一人のようでも、
ご家族のお手伝いがあったりすれば
話は全然違うんですが。
美容師って立ち仕事なので
体力は使うし、
年を取ってくれば
誰だって(何の仕事だって)健康不安はあるし、
急になにかあったらお店どうしよう(>_<)
等々、不安を感じたらキリがないですよね。
そりゃそうだ。

技術が身についたなら、
一人マイペースで開業できたりしないだろうかと
ぼんやり思っていたワタクシ。
少し参っている様子の彼女を見ていたら、
自らの目論見の甘さをも知った気がしたのでした(ノ∀`)アチャー。

それにしても。
辞めた人の悪口言い過ぎだったけどね(´っ・ω・)っ。
お客さまにも言って、
「それはその子が悪いなー」
って反応もらったから、

「だから、自分は悪くない」

とまで言ってたんですけど。
って、客にまで言ったんかΣ( ̄□ ̄|||)!
そりゃ客は適当な返事するよ!



次回ワタクシ、
特急も急行も区間急行も止まらない駅にて
降りるよーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



ワタクシの時間は時間で、厳密に言えば無料ではないのですが。

necks (1)

ワタクシ、今までに幾度となく
美容院の面接に行っているのですが。



necks (3)

一つ気がついたんですが
待たされる
事が多いんですよね。
こっちはさー
時間通り、
っていうか早めに行ってるのにさー( ̄д ̄)。




necks (2)

それって、
オーナーが時間にルーズだったり、
っていうのもあるんですけれど、
もう一つある理由としては
お客さんを入れちゃう
場合があるからなんですけれども。




necks (2)

その日訪れた美容院でも。

店内に入りましたら、
女性の美容師さんが
お客さんをカット中でした。
目が合うと、
彼女はハサミを脇に置いて
タタタッとこちらにやって来て、

「面接の人だよね?
待っててくれる?」


とな。

「あ、はい」

ワタクシ、
何分待つとも分からぬまま、
入口側の椅子に腰かけました。
美容師さんはもうお客さまの下に
戻っていて、
再びハサミに指を入れたところでした。



necks (4)

ワタクシ、結局半時間ほど
そこで待つ事になるのですが。
その間、店内の様子を観察する事はできました。
席もシャンプー台も2台ずつの小さなお店。
シンプルだけれど、
色使いが暖かい内装。
お客さま目線で見たら、
一度お願いしてみようかなと
思う感じでした。
スタッフは本当に
先ほどの女性一人っきりのようでしたが、
もう一人美容師がいてもいい
余裕がありました。


「・・・( ゚д゚)」


お家賃幾らだろう、大変だろうな。

この辺、単価も高いですが、
美容院の数も多く、
当然競争も激しいのです。
そして、幾ら料金が高いって言ったって、
美容師が一日にできる仕事量なんて
限られていますし、
ましてや一人っきりならば。


ワタクシそう思い当たると、
面接の時間にかかる時間に
飛び込みのお客さまを入れてしまったらしい事、
なんとなく仕方ないかなと思ってしまったりして。
そして、たぶんそんな状況下で人を雇うとなると、
人間って意外に「ありがたい」と思うのではなく、
「元が取れてるの?」と、
従業員への目線が厳しくなる事が多いのです。



・・・ま、とにかく、
じっと黙って待つ事にしたのですが。
杞憂に終わりますように。



今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

あらかじめ店のホームページは見て来たのですが、
長くこの場所でやっておられるようなので、
相当の実力者、
固定客はついているようでしたが。

こちらのアルバイトの募集は、
アシスタントの募集というより、
「とにかくシャンプーはしてくれて、
後の雑用をやってくれる人!」
という感じで、週一回でもいいと。
ちょっとでも誰か助けてくれれば、
という感じが前面に出ていました。
でも、こうなる前に
なんとかならなかったのだろうか。
折り合いが悪くて辞めた人が
少なくなくいるような気もする・・・
ぼんやり待っている内には
ついそんな事まで考えて、
いい意味での緊張感さえも
ややほぐれてしまったのでした。




次回ワタクシ、
一人で働いているからといって、
のびのびマイペースではない事を知るよーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



気分は釣り師、しかしどこに魚がいるか分からない釣り師。

naise (1)

ワタクシ、
初めての体験入店にて
マッチング叶わず。
落ち込んでいる暇もお金もないので、
また仕事情報を求めて
ネットの海で彷徨う日々に逆戻り。
ワタクシは仕事の難破船ン~♪~(´ε` )




naise (2)

この頃、毎日必死でした。
捜索範囲も広げて。
ワタクシが暮らす東京郊外から都心まで、
時には隣県も対象にしました。
仕事さえ決まれば、
当面はなんとか通勤して、
後々には引っ越してもいいと思っていました。
まずは生きて行くための軸がないと、
四の五の言っていられませんから。

その結果、幾つか当たりはございました。
パートでしたけれど、事務職も。
しかし、なかなかどれも
働くまでは至りませんでした。

例えば、ある日の事。
ワタクシ、東京はど真ん中、
おされーな街の美容院に
お伺いしました。
この辺りに来るのは久しぶりで、
ぶらりウインドーショッピングをした後、
一本裏に入ったところで、
古い洋館を改装した、
隠れ家的な美容院に辿りつきました。
女性が一人で営業しているとの事で、
ワタクシ、
我が人生の今後の参考にもなる
お話ができるのではと、
ちょっと胸ときめかせてドアを開けたのでした。



今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

あんまりにもずっと事が上手く行かないと、
なにかいい事があるかもと
期待するのは止めた方がいいのでは、
と思う時もあるんですよ。

まともな職場なんかない、
自分が受け入れてもらえる場所なんか
この世にない、
そう思っていた方が
イチイチ傷つかないで済むかもって。

・・・でも、
「どうせ」って思っていると、
必ずそれが態度に出て、
いつの間にか自分の人となりにも影響して、
求めていた機会が巡ってきた時にも、
そのせいで逃しちゃうんじゃないか
って気がしちゃうんですよね。
って、まだその機会は来てませんし、
このまま人生終わるかもしれませんけれど(ノ´∀`*) 。



次回ワタクシ、
「人を時間で使う事」
へのハードルが高い事を知ったよーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



体験・・・で良かったのかな。きっと。

nakas1 (1)

そういえば、最近あった事件なんかでは。
ある意味「プロ」の精神科医であろうとも
娘の大罪をどうやら止め(られ?)ず、
あまつさえ
手助けしたかもしれないなんて話もあるぐらいですから。



nakas1 (2)

家族って。
閉鎖的な関係にもなりかねないので、
その中で妙な力学が生まれていても、
傍からはなかなか手が出せない、
それどころかうっかり出すと、
あんまりいい思いはしない事が多いような。



nakas1 (3)

そんなわけで。

ワタクシ、
体験入店してみた美容院が、
「経営者になってみたくて」
なってみた大学出たてのうら若いお嬢さんに
好きにされている、
少なくともそう見えるとしても、
それは昨日来たばかりのワタクシには
口をはさむ事ではない、
というか、



nakas1 (4)

早く逃げた方がいい( ゚д゚)ウム

と思うに至ったのでした。

ワタクシ、
美容師の技術というのは、
たまにどこかで短期間習っただけではなんともならない事、
例えば、車の免許を取ったって、
年に1回しか運転しないんじゃ、
いつまで経ってもプロの運転手にはなれない、
ならない方がいいでしょう?
とお嬢さんに伝えて。

「・・・でも、お店が今そういう方針でおられるのでしたら。
お約束の期日までまだありますが、
ワタクシ、
本日で”体験”は終わらせいて頂いた方が」

・・・という事になったのです。
残念でしたけれど。
でも今や、
一秒でも早くここから出たい、
ワタクシそんな思いでおりましたので、


「・・・あの、
後日という事で
初日に確認致しませんでしたが。
二日間働いた分の報酬は」




ワタクシ、
ちょっとバイト代貰って
家に帰って、
この二日間の事は忘れようっと(゚∀゚)♪
そう頭を切り替えたのでしたが。



今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

いや、しかし。
オーナーさんと若いお嬢さん、
二人とも一瞬目を見合わせた後、
それきり黙ってるんです。

「あの、なにか( ̄▽ ̄;)?」

すると、やっと口を開けたお二人、
こう言うんです。

「“体験”だから、
お金を払うつもりは」

「そうそう」

「え、一円もって事ですかΣ( ̄□ ̄|||)!」

「だって、(´・ω・)(・ω・`)ネー」






今日の教訓。

ギャラが分からないまま、
働いてはいけません(2023・夏)





ま、結局、
ワタクシさすがにキレまして。
( ̄☆:*:・≪チュドーン!!≫・:*゚☆ω ̄)

普通のアシスタントレベルの仕事を
二日間させておいて、
しかもそちらに不手際があったのに、
一円も出さないってどういう事だと
かなりお怒りになってみたのです。

「どういう理屈か知らないけれど、
交通費さえ出さないってそれはないでしょ」

途中ちらりこう言いましたら、
若い娘がレジに行きまして。
チーン♪と開けて、
ほんとにギリギリ交通費ぐらいの
小銭を出して来たのには
度肝を抜かれましたが(゚Д゚;)。
最終的には、
数千円を封筒に入れて再度出して来ましたので、
ワタクシもう諦めきって、
それだけを手に店を出たのでした。



勤める前に、
店の様子が分かって良かったと思う事にしよう。
そう何度も何度も自分に言い聞かせながら
家に帰りました。
でも、
「もしかしたら、今度こそ」
と。
やっぱり期待も持って、
張り切って出かけて行った
昨日の朝の自分を思うと、
我ながら可哀想で可哀想で(ノ´∀`*) 。
哀れにさえ思えて
涙もほろりこぼれたのでした。



次回ワタクシ、
あちこちそちこち
呼ばれれば赴いたよーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



大ベテラン、黙して語らず。

tenkiniIMG_0423 (1)

思い返せば。
ワタクシも二十代の頃、
社会に出たての頃は、
そりゃあ失敗もしましたし。
思い出すと赤面しちゃうか、
ゾッとしちゃうから、
決してうっかりとは
思い出さないようにしている事も
たくさんありますよ( ゚д゚)ウム。


tenkiniIMG_0423 (2)

そんなワタクシも。

体験入店に行った先の美容院で、
オーナーさんと
ご親戚の若いお嬢さんと、
ミーティングを急ぎ持つ事になったのですが、
オーナーさんは
この道の大ベテラン、
恐らくは美容師歴40年以上だろうというのに、




tenkiniIMG_0423 (3)

まったく
若いものに
ツッコミを入れない




tenkiniIMG_0423 (4)

という事が分かったのでした。
娘ではないから遠慮してるのかしら。
しかしオーナーさんは
そろそろ経営を若い者に任せて、
少し羽休めをしたいと思っておられるそうで。


tenkiniIMG_0423 (5)

「そういう意味でも、
お店のこれからを考えたら
アシスタントさんが欲しいなと思って
募集をしたんですが」


と、遠戚の方がおっしゃるわけです。



tenkiniIMG_0423 (6)

「でも確かに、
ご指摘頂いた通り、
パートさんたちには
あらかじめ伝えていなかったので。

・・・なんて言おうかなぁって
考えてて」


そして、
店長さんの方を見て、
ねえねえと、こう聞くわけです。


「なんて言おうっか?」







( ^ω^)・・・








いや
だからもうバレてるじゃん?
なにを今さら( ゚∀゚)アハハ八八ノヽ。。


今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

この女の子。
美容師の事など毛ほどもご存じないので、

アシスタントを雇う
≒誰かが育てて
一人前にしないといけない


という事を知らなかったようなのです。
たまに、
「技術者にはなりません、
これでいいです」
って方もおられるんですが、
まあとにかくなにも知識がないようでしたので
ワタクシその点をご指摘しまして、

「日々練習もしなければいけないし、
課題も出してもらって
教えてもらわないといけないし。
そういう事は普通
営業時間外
にされる事なので、
パートさんたちも、
自分たちがしなくてはならないのかと
戸惑われたそうですよ。
そもそも、そういう必要はない店と
聞いて入店されているわけですから」

とはいえ、ワタクシも、
誰にもなんにも教えてもらえない、
技術者になれないんじゃ困るんですが、
と申し上げてみましたところ、
彼女、(゜_゜)ウーンと数秒考えた挙句、

「・・・それは例えば、
夏休みにどこかに
合宿とかに行って
練習してくるとかじゃ
ダメなんですか」


と真顔で言うわけです。


クルマの免許か╭( ̄▽ ̄)╯╧═╧。



いやだからー
こういう技術っていうのは
一朝一夕ではダメなんでー、
それにそもそもからして、
お店で色々勉強できる前提があるから、
ワタクシたち薄給に耐え、
お店もそこに乗っかってるんですよと。
途中まで言いかけて、
ワタクシふと口をつぐんだのです。

っていうか、
店長さん、
あなたは大ベテランで
こんな事は百も承知の事なんですから。
何か言ってよと、
店長さんの顔を見たのですが。
すまーしてそこに鎮座しているのです。





( ^ω^)・・・






どうなってるんだ、
この縁戚関係。





次回ワタクシ、
そういえばこれはあくまで
体験入店なんだから。
話の通じないところで
深入りして
無理して混乱させられる必要はないと
( ゚д゚)ハッ!と急に気づいたよーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



プロフィール

daihime47

Author:daihime47
大学中退、
20代で美容師の資格を取得後、
派遣社員等を経て一般企業に就職。
15年ほどの会社員生活の後、
勤務先でパワハラセクハラを受け、
弁護士を入れて
協議の上退社。
美容師に復職するも、
現在は持病の治療をしながら
おいとま生活を送っております。

猫ブログ「ぶち猫部」も
日々更新しています。
同級生は
キャメロン・ディアスと
マツコ・デラックスです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR