自由経済って、まだ浸透してなかったのね。

taeruw (1)

ワタクシ、
仮にも女の子を含む三児の母なのに、
見知らぬ小学生児童には
共感を持てないらしい
店長の言動に触れて。


taeruw (2)

「〇〇だから
=〇〇の気持ちが分かる」


よく選挙の時に言われる
このフレーズは間違いだなと、
確信を深めたのでしたが( ゚д゚)ウム。
分かる人は分かってくれるのよ。
例え立場が違っても。


taeruw (3)

そして、地域問題にも発生しかねなかった
当店の反・子供の見守り活動は一旦置いといて。

そういえば、この頃。
当店の近所に、
新しい美容院が一軒できたのでした。
わりと近くに。
っていうか数メートル先に。



taeruw (4)

美容院って。
数年前にはその数はコンビニにも
勝るとも劣らないと言われておりました。
当然、お近くに何軒も美容院が競い合う場合も
ございましょう。

しかし意外にも、
あまり競合相手にならず
すんなりすみ分けができる場合も少なくないのです。
それは

外観の傾向が違う

場合。
要は客層が違えばいいんですよ。
美容院ってまず間違いなく、
来て欲しいお客さんに合わせた
外観、店の造りになってますから。

極端な話、
「激安」
を外に謳っていればそうですし、
若者層をイメージしたおされな外装なのに、
中に入ってみたら
ほぼ中高年向けという事もまずないでしょう。

そういう意味では、
新しくできたそのお店は、
ワタクシどもとは
求める顧客が異なるようでした。
店長は若い男性で、
店の窓からは
ずらり並んだ青年漫画や
趣味が見え隠れする
フィギュアなどが棚に見えました。

聞けば美容院とはいえ
床屋さん寄りの発想らしく。

「あっちは
男性相手メインの店にするって
言うから」


ある日店長が言うのです。
(´・∀・`)ヘー、そうだったんだ。





・・・ってよく知ってますね?

今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

なんとそのお店と当店。
大家さんが一緒で、
前もって、
美容院が入るかも?
と大家さんから打診があったそうなんです。
なので弊社店長と先方の店長さんとで
話し合いの場をもって、

「女性客は取らない」

と、確約させたそうなんですよΣ(・ω・ノ)ノ!


え、それってどうよ、
そんなの約束させられるなんて
エグいな
とワタクシ正直思ったのでしたが、
店長は当然、と言った風。
でもなー、
選ぶのはお客さんなんだから、
約束したって
入って来る場合もあるでしょ・・・
なんか怖っ。


そう、今回の場合に限らず
美容師さんの独立って
まー揉めるんですよね(;'∀')。

「退店する際、
顧客を連れて行かない」

って、
入社時に一筆取るところもありますよ。
でも、それこそお客さんの自由ですから実効性はないんですが、
だからこそ、

「約束したのに!」

って恨まれたりしても
面倒な事になりそう・・・

そして、
我が店の店長にそんなの約束させられてまで、
そこに開業したかった
先方の店長さんには店長さんの
ご事情があったワケなのですが。




次回、なんと「怪文書」
が出回るよーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



スポンサーサイト



これでクビにするなら、してもらおうと思いました。

nyukane67 (1)

ワタクシ、
仕事という名の社会活動の名において
世間と呼ばれるフィールドに出てみれば、
分からない
事も多くあるのですが。
ほんとに。



nyukane67 (2)

世の中、自分と違う考え方があるのは分かっています。
ただ、それにしても、
どうしても理解できない発想があるのです。
その内の一つが

誰の得にもならない

結果を生む行為を敢えてする、
というものなんですが。
なんでそんな事するんだろう。
誰得?
誰でもないのです。
しかし、そういう時はたいがい、
「でも、嫌だから」
「なんとなく・・・」
が基盤になって、
事が動いているわけですが。


nyukane67 (3)

ワタクシが当時勤めておりました美容院。
住宅街の中にありました。
周囲にはいくつか商店があったり、
団地があったり。

「狭い世界だから」

その辺は注意してくれと
言われておりました。
客商売ですからね、
その辺はワタクシも心得ておりましたので、
非常識な事のないよう留意はしておりました。
当然です。



nyukane67 (4)

そんなある日の事でした。
営業中の店に、
入口から小学生の女の子が一人、
扉を開けて駆け込んできました。
聞けば、

「通学路の途中から、
後をつけてくる男の人がいた」



実は当店、
地域から依頼されて、
子供が異変を感じたら駆け込んでいい場所として指定され、
表に札まで下げておりました。
女の子も、
それを見て、の事だったのです。


「勇気出したね、
えらいね」


チューリップさんは女の子のランドセルに手を添えて、
一旦バックルームに連れて行って座らせようとしていました。
ワタクシ、ガラス張りの店舗の向こうに
不審者の陰が見えたりはしていませんでしたが、

「通報しましょう」

と、電話に手をかけたのです。
するとその時でした。
まさかのレフリーストップがかかったのです。

「いやいやいやいや・・・」

傍らで一緒に対応していた店長でした。

「ダメダメ、
そんな大事にしちゃ」

「はあ?」



女の子は店長においでおいてされて
再び入口まで引き戻されると、



「ね、大丈夫だよね?
ちょっと、そんな気がしただけでしょ?」

「・・・。」

「ね、ちょっと落ち着いたら、
お家に帰ろう」




はあΣ( ̄□ ̄|||)?

今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

ワタクシも通報を止められ、
「じゃあせめて学校か、
親御さんに連絡を!」
と食い下がったのですが、
「いーからいーから」
と。
店長、
このまままた再び女の子を
一人で帰らせるというのです。



( ^ω^)・・・





ごめん、
まったく理解できないんだけど、
こういうのってなんで?




ちゃんと対応すれば
誰からも感謝されこそすれ、
なんの問題もない事でしょう?
逆になにかあったら?
それこそ、大問題のはずなのですが、
人の困りごとに関わろうとしない人、
必ずいますよね?

「え、逆恨みが怖いとか
そういうのですか?」

「子供を狙う人なんかいない、
子供側の勘違いだ、
とかそう思ってます?」

「じゃあ・・・」

ワタクシ、
矢継ぎ早に質問しましたが、
店長はただ、

「いやいやいやいや・・・」

半笑いで手を振るばかりなのです。
まるでワタクシの方が
世間知らずで
とんでもない事を言っているかのように。

「ね、いーからいーから」

って、いくないヽ(`Д´#)ノ!



結局女の子は
「ね、大丈夫だね」
と無理矢理大人にウンと言わされて、
また店の外に連れ出されてしまいました。
ワタクシ、自分も二人の後を追って表に出ましたが、
店長は女の子に手を振るとさっさと中に戻り、
そんな気になれないワタクシにも
「早く」
と。
ワタクシ、せめてそれを無視して、
見えなくなるまでだけでもと、
そこから女の子の後ろ姿を見送りました。
ランドセルをわずかに上下させながら
女の子が歩いて行きます。
見晴らしは良く、しばらく一本道、
辺りに怪しい人影はありませんでしたが・・・




ゴメン、
やっぱり看過できない(ノ´∀`*) 。


ワタクシ、
少女の後を追って
一緒にお家まで行く事にしました。
幸いお住まいは、もうすぐそこでした。
家に入ったら
すぐお母さんに連絡する事
(近所にお勤めだそう)、
上手く説明できなかったら
また店に来てワタシを尋ねる事を
約束してもらいました。
通学帽の頭が「こくん」と前に一つ揺れて、
かすかに戸惑った瞳と目が合いました。

なにかあったら、
周りの大人に助けを求めて


って、たぶんどこかで学んだはずだよなと、
ワタクシ思い当たって一瞬絶句しました。
土下座して謝りたい気持ちに駆られましたが、
いや、本当にすべきだったかも。
ワタクシ、帰り道もどんどんぷんすこ腹が立ってきて、
店に帰ってからもまだ怒髪天でしたので、
察したのでしょうか、
その日は何も言われませんでした。
でも、店長には嫌われたみたいでしたけど。
「仕事中なのに、勝手に」
って。



次回、どうやらこれではご近所づきあいに
難がありそうな店長でしたが。

なんと新参者には「圧」
をかけてたよーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



金、もってんどー!と言った事はありませんのに。

shipayIMG_3082 (1)

ワタクシ、
同僚に職場の悩みを打ち明けて
「困るわよねー(´・ω・)(・ω・`)ネー」
ってしようと思ったんです。
だって、



shipayIMG_3082 (2)

自分だけが
対象だとは思わなかったので(ノ´∀`*) 。




shipayIMG_3082 (3)

「(゚Д゚)ハァ?」


ワタクシが給与支払いの
微妙な遅れについて

「あれって、
なんなんですかね?
っていうか、
いつまで続くんですかね?」


とある日、
チューリップさんに話しかけましたところ、
帰ってきた答えはパチクリ、ぽかーんでした。


「・・・え、一度もないですか」

「ないよ、そんなの!
当たり前じゃん!」

「・・・まぢですか」

「ダメだよ、
そんなの許したら!
ワタシたち、
なんのために働いてると思ってるの、
💰お金💰のためだよ!」




「・・・そうですよね( ゚д゚)ウム」




お店の口座、ゆうちょでしたので。
無料で送金できるのは
ゆうちょ間なら5回。
それを超えて何があるのか知らないけれど、

従業員2人しかいないのに、

自分の都合で日にちをずらすなんて
言語道断、
前倒しなら百歩譲っても、
遅れるだなんて!
と、チューリップさんは怒り心頭。
ワタクシ、彼女が激怒する姿を見て、

やっぱりおかしいよね、
腹立てても良かったんだよね


と、段々と思えてきたのでした。
いや、
人がいい風を気取るつもりはありませんが、


あまりに人権度外視、
とんちんかんな事ばかり起きるので、


なんだか最近、
感情のふり幅が小さくなってきた、
っていうか、
どこでスイッチを入れていいのか、
分からなくなって来たというか・・・
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


酷い環境にいると、
人間ってこうなります。

今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

以降、支払遅れはお断りしました。
「なんなら私も怒ってたって言っていいよ」
ってチューリップさんにはお言葉頂きましたけれど、
それは言いませんでした。
その代わり、

「・・・こういう事も。
やっぱり雇用契約書が無いから、
だと思うんです。
やっぱり一度キチンとして
頂けないですか」

って言ってみました。
店長、
んあっぐぐ、って顔しておられましたが、
それ以降は
そういう話を持ち掛けられる事は
なくなりました。


周知の事実ですが。
ワタクシ、美容院勤めに戻る前、
会社員をしておりました。
どうもその事があって、
店長ったらワタクシの事を、

「こいつ金がある」

と思ってたみたいなんです。
あるわけないのに( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

美容師の人って、
わりとこの道しか知らない方が多いので、
他業種≒稼いでるはず
しかも楽して、って思いこんでる方多いんです。
相対的貧困率の高い職場では
ままある事です( ゚д゚)ウム。
そういう意味では、
ワタクシ一度美容師を辞めて
社会に出て良かったなー
と思ったりするわけですが、
それにしても、
金があろうがなかろうが
つけこまれる理由はございません。
この件、
実はちょっと根深いのでした。



次回、ご近所づきあい目配りは大事だよ、
大事なはずだよーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



お約束は口約束ではありますが。

0kiag (1)

ワタクシ、経費節減のためとして、
ある日突然給与支払いを一日遅れとされたのでしたが。

・・・こんな事言われましたの生まれて初めてで。
正直、心の持ちようを
どうして良いのか分からなかったのでした。



0kiag (2)

払われなかった、わけではなかったのです。
ほんとに、一日遅れで振り込まれてました。

( ^ω^)・・・



0kiag (3)

ま、なんにしても今回だけの事だろうから。
ワタクシ、頭を切り替えて、
その事はそれきり忘れようとしたのでしたが。
そう、そんなつもりでいたのでしたが、
なんとその翌月も。なんならその次も。


「☎~♪」


給料日の前の休みの日になると
家に電話がかかってきて、
毎々同じ言い訳で、

「あのね、
今回の振り込み、
次の日でもいいかな?」


てへぺろ、ですよ。
その割に、面と向かっては言いたくないのか、
必ず電話、
店にいる時には言ってこないのです。




「( ̄д ̄)・・・」




なんだろう、
なにか認知のゆがみを感じるのだが。
ワタクシ、
図々しい人にどんどん踏み込まれてくる時の、
あの戸惑いと嫌な感じを覚えたのでしたが。


今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

「・・・。」

返事をしないで
電話口で黙り込みましたら、
「あ、やっぱりいいや」
と振り込まれた事もあります。
出社してから、
「毎々こうなるんだったら、
領収書準備してもらえればサインしますので
手渡しにしてください」
と言った事もあるのですが、
それはスルーされました。

※美容院って手渡しのところ、
実際まだまだあるんですよ。
振込手数料節約のためだったり、
「現物を見る事で
ありがたみを知るだろう」
とかって、昭和の発想だったりで。
毎月少ないんで、涙しか出ないのに?


それにしてもなんにしても。
店長が根本から

給料は約束の日に払わなくてはならない

という意識を欠いているようなので、
ワタクシ、同僚のチューリップさんに相談してみたのでした。
なんといっても唯一の同僚、

きっと同じ目に
あっているはずだ


と思いこんでいたので!




次回、そりゃー雇用契約書もないワタクシたちでしたが。
支払遅れは、ワタクシターゲットだったよーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



問い合わせというより、「圧のかかったお願い」だったので。

IseaxhaMG_3009 (1)

ワタクシ、
休みも朝から自宅で美容師の仕事の練習、
家でドライヤーをゴーゴー言わせていたのでしたが。



IseaxhaMG_3009 (2)

「なんでしょうか?」

そんな時に、
自宅に店長から電話がかかって来たのです。
そんなのって初めての事でしたので、
なにか事件でも?
思わず身構えたのでしたが。



IseaxhaMG_3009 (3)

「一つ、お願いがあるんだけど」

すると、
店長はこう言うのです。
てへぺろ、ぐらいの感じで。


IseaxhaMG_3009 (4)

「あのね、
今日の振り込み、
明日でもいいかな?」



(。´・ω・)ん?



あ、そういえば。
今日は給料日でしたけれども。
その事?




「そう、給与なんだけど。
払えないとかじゃないんだけど、
明日でもいいかな?」







Σ( ̄∀ ̄:?





なんで。
そして、なにこれ?

今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

「え・・・」

ワタクシしばらく黙っておりましたら。
店長、曰く、

今、振込のために郵便局に来ている、
その他にも支払いがあったので、
二件、三件と手続きをしたら、
「無料」
で支払える一日の件数を超えてしまった


とな。



「・・・だから、
明日でいいかな?
そしたらまた無料で出来るから」



・・・はぁ。


ワタクシ、なんちゃらよう分からん、
と思い、
その時はとりあえず承諾したのでした。

「明日でしたら出勤ですので、
また何かとかぶるようだったら、
手渡しでもいいですよ」


「やだー、
今どき手渡しなんかしないわよー」



店長はそう言って、
まるでワタクシが
ありえない事でも言ったかのように笑うのでしたが。




いや、今の状況がすでに
ありえないから( ゚д゚)ウム。





ワタクシ、電話を切ってから、
ただやれやれと首を左右に振るばかりだったのですが。

ですが。




次回、この店長からのお「お願い」、
なんとその後も続いたよーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



みんな好きだったけれど、なかでも早見優ちゃんが好きでした。

serw (1)

ワタクシ、ある日仕事はお休みで。
お家で「ブロー」の練習をしていたのでしたが。



serw (2)

その頃。
お客さまの髪を乾かして
ドライヤーとブラシで整える、
「ブロー」でワタクシ苦労しておりまして。
まっすぐ伸ばすだけの
「ストレート」はもう
ずい分できるようになって、
お客さまにも実際にさせて頂いて
いたのでしたが。



serw (3)

その次のステップで、
一般的にも
ワタクシの勤務先でも需要の多い、
通称
「オバブロー」
がなかなかピシッと定まりませんで。
手順も分かっているし、
ウイッグではもうほとんど
問題がなくできるようになっていたのでしたが。


serw (3)

それぐらい、
ウイッグと人毛では感覚が違うんですよね。
これはカットでもなんでも同じ事です。
だから、必ずしも満点でなくっとも、
ある程度練習ができたら、
大変申し訳ございませんが、
お客さまで経験の数を
積ませて頂くしかないのです。
そして、
「ウイッグならここまで出来ます」
とアピールして信頼を得るべく!
あれこれスタイルを作っては、
店長に見せたりしていたのですけれど。
あ、ちなみに
「オバブロー」って、
おばさんのブロー
っていう意味で。
失礼千万な呼び名ですΩ\ζ°)けれど、
いわゆる中高年の女性の、
パーマのかかった、
比較的短めの髪を、
主にロールブラシで整えながら、
サイドを流して仕上げるスタイルの事です。



serw (4)

ワタクシ、
聖子ちゃん明菜ちゃんの時代の人ですから。
ブローは大好きなんです。
しかし、あれはカットがしっかりしていて、
しかもパーマがかかっていて決まるスタイルなのに、
「なんでうまく流れないんだろう」
と、学生時代は
相当な時間を鏡の前で
費やしたもんです。
あの時間を違う事に使っていたら
(もしくは校則でパーマOKだったら)
ワタクシ今ごろ
違う何かになれていたかもしれません。
なれていないかもしれませんが。


serw (5)

そして、こちらのお店にいた頃のワタクシ、
練習には少々苦労しておりました。
というのも。

普通、
「ブローの練習しましょう」
となりましたら、
まずは先輩がそれ用に
ウイッグを一つカットしてくれるもんなんです。
ですが、ワタクシには、
それをしてくれる方がおりませんでした。
というのも、
チューリップさんは定時で動くパートさんで
余計な時間はありませんでしたし、
店長は・・・


頼んでも
いつも一日伸ばしで
やってくれないんですよ(/o\)。


ワタクシ、カットは十年以上前にやったきりで。
サクサクとスタイルを作れるほどではなかったのですが、
待っているとキリがないので、
スタイルを決めたら
それに合う詳細が載っている本を探して買って、
自分でウイッグを作るところからスタートでした。
確かに練習にはなるんですが、
カットはカットで、
一から順を追って学んだ方が
色々身につきやすいんです。
飛び飛びでかいつまんで取り組んでも、
意味の分からないところが必ず出てくるし、
上手くできなければ
イチからやり直しです・・・


「はぁ・・・😞」


ワタクシ、日々の営業後の練習の他、
休みもほとんど自主練に費やしていました。
しかしその手間の割に効果が出ていないのは
分かっていたのですが・・・



と、そんな時でした。
家に一本の電話がかかってきました。

「トゥルルル♪」

出てみると、店長で。

「ごめんねー
休みの日に」


・・・はぁ、なんでしょうか(。´・ω・)?




今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

二十代で、
初めて美容院に勤め出した頃。
ワタクシ、一日も早く一人前になりたくて、
すでに技術者になっていた友人に
家庭教師を頼んで、
月一で休みの日に
カットの練習をお願いしていた事があったんです。
あれがなければ
練習用のウイッグを作る事さえ
できなかったかもしれません。
ワタクシたちの時代、
美容学校で一度もハサミを握らずとも
卒業できたんですよ。
そんなカリキュラムになっているとは知らず、
当時もビックリしましたけどね(ノ´∀`*) 。
そして、
店長がワタクシの教育に
なんだかんだと非協力的なのには
実は理由があったんですが、
この頃はワタクシそんな事があろうとは
夢にも思わず
「店は忙しいし、
お子さんは・・・だし、
色々大変そうだから仕方ないかなぁ」
って、
自分でどうにかしなくっちゃって
そればっかり考えていたんですけれど。

くー、バカバカ、自分のバカ(>_<)!



次回、店長からのお電話は
意外な「お願い」だったのでしたが。
んー?
いいと言えばいいけれど、だよーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



ソワソワソワ。ゾワゾワゾワ。

gaer (1)

ワタクシ、
知らぬ間に知らぬ人が
自分の職場をうろついていたのだと
知らされちゃったのでしたが。
そうしましたら。

もうなんだか
不安でソワソワしちゃって
気になっちゃってx2
しょうがなくなっちゃったのでしたがι(´Д`υ)ダッテ-。



gaer (2)

とりあえず。

チューリップさんと相談して、
貴重品はロッカーではなく、
店内に持ち込んで
レジ下の引き出しにしまっておく事にしました。
そちらの方が
かえって人の目がありますから。
店長の息子殿が夜な夜な忍び込んでいる
裏口はバックルームと直結、
昼間は未施錠
(ほとんど出入りもないのに
「かけないで」と店長が主張するので)
個人のロッカーは鍵なし、だったので。


gaer (3)

そう、
実はチューリップさんも、
事の次第を知ってしまって以来、
一人不安を抱えておられたそうなのです。
盗みに入っているのは
深夜から朝方にかけてのようでしたが、
一度こんなよもやの事態が起きていると
知ってしまった以上、



安全圏が奪われた



気持ちになってしまっていたのです。
いつ何時、
誰が何を身近でしているのか
分かったもんじゃないんだと。
ワタクシたち、
すっかり疑心暗鬼を生じさせており、
昼だろうとなんだろうと安心できない、
もうずっと身の回りを注意しないとね!
というような気持ちになってしまっていたのです。

そりゃそうでしょー(ノ´∀`*) 。


ワタクシたちの様子が
そんな風に変わっても、
店長は見て見ぬふり、
結局フォロー的な事はありませんでした。
どうしようもない、という事だったのかもしれませんが。
実際、息子殿はその後も
金庫と格闘していたようですし。
※ちなみに
技術系の高校に行かれているそうで

道具はある( ゚д゚)ウム

んですわ。
困った事に。



うちのお店。
なかなかの繁盛店ではありました。
なので、
金庫から根こそぎお金を盗ったとなると、
一回でも高校生のお小遣いを
遙に超える金額です。
これはもう立派な

強盗

で、
こんなにタガが外れてしまっている状態ならば、
彼が他に何を盗ろうとしても、
お金以外のものでも、
不思議はないというものです。




そして実際ある日の事。

ワタクシ、営業中に忙しく
バタバタとしており、
使用済みのタオルを一抱え持って
洗濯機のある
バックルームに近づきましたところ、

「カチャ」

そっとノブが回されるような音がしたのです。



今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

ワタクシ、
ハッとしてバックルームに飛び込みました。
すると、


「[壁]ω・`)・・・」


裏口の戸が細く開いて、
店長にもニートの娘さんにも似た
パッチリした目が覗いてこちらを伺っているのと
目が合ってしまったのです。



「Σ(・∇・o)」



こちらからなにか発する間もなく
扉はそっと閉められて
覗いていた顔もその向こうにスッと消えました。
ワタクシ、一泊置いて我に返り、
すぐその後を追って裏口から表に飛び出しましたが、
周囲に人影はもうなくなっておりました。



若い男の子でした。
見間違いかも、
と思うには近すぎる距離で目が合いました。
チューリップさんには話しましたが、
何かしていた現場じゃないもんねと・・・
彼女もゾッとした顔をしながらも
口ごもるしかなく・・・




ワタクシたち、
それ以上、
なにもできませんでした。
ただ、ちょっと見過ごせない問題がある事は
はっきり認識したのでした・・・_| ̄|○






次回、下ごしらえからするのも、
確かに勉強にはなるけれどもーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



それでも息子だから、では済まされない。気の毒でもあるけれど。

_8247 (1)

そうそう、そういえば、
店長の息子さんは
「携帯持ってないから」
友だちと上手く行かないんだって、
担任の先生に言われたそうなんですが。



_8247 (2)

なんでもかんでも
同じでないと友だちじゃない、
果てはいじめられてもなんて、
それが教師の言う事かー
(ノ-_-)ノ ~┻━┻ マッケンロー!




_8247 (3)

小学生の時、
「ひょうきん族」を見ていないワタクシを案じて、
うなずきトリオやホタテマンを
毎週口づてで教えてくれた
クラスメイトの事を思い出しましたよ。
それが友だちってもんじゃないですか(?)。


_8247 (4)

・・・ってピヨコ隊の事はさておき( ゚д゚)ウム。

店長が折に触れ胸を痛めておられる息子殿。
なんと、
何度となく金銭目的で
店に盗みに入っているそうじゃないですか😨!



_8247 (5)

チューリップさんが初めてそれを知ったのは、
もう一年以上前の事。

ある朝出勤、
ロッカーに荷物をしまっていたら、
レジの方から

「あっ」

大きな声だったので
思わず「ひょっこり」顔を出して覗いてみると、
店長がいつも通り
手提げ金庫を開いていたのでしたが、



「中身が空、だったのよ・・・」



その日は、
なにせつり銭の小銭まで根こそぎ盗られていたもんですから、
開店時間も遅れたそうで。



「"息子だっ!”って店長、
走って店を飛び出して行ったけどさ、
なんだか叱っても治らないみたいで、
その後も何度もそんな事があって・・・」





( ゚д゚)・・・





「けっこう最近もあったから
一応・・・ね?」








ワタクシも、
後に店長本人から、
息子さんの盗癖については
聞かされる事になったのでしたが。
ある朝、やっぱり夜中の内に、
誰かが店に入った形跡があったので。

店の鍵は、
借店舗という事もあり、
勝手に変える事もできないのですが、
それでも二度三度変えたそうです。
家でも置き場所には注意しているそうですが、
なにせ一緒に住んでるんですもの、
ちょっとした隙に見つけられてしまうそうです。
そして家族が寝静まった後、
もしくは自分が学校に行く前の早朝に、
店に忍び込んでいるとの事。
そんな時に
手提げ金庫の鍵をかけ忘れていたりすると
根こそぎ持って行かれてしまうし、
て何度かは
鍵を開けられた事もあったそう。
番号をどうやって知ったのか、
それとも何かの方法を使ったのかは分からない、
無理矢理開けようとして
失敗した跡があった事も・・・





って、何回侵入してますか😱!



ワタクシ、
私物はほとんど店に置いていませんでしたが。
それにしてもなんにしても。
ちょっと怖くて((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルしたのでしたよ。



今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

聞いている内には、
淡路恵子さんの息子さんを思い出しましたが。
店長も業を煮やして
近所の交番に突き出した事さえあるらしいのですが、
「家族だと罪にならない」
とおまわりさんに言われたそうですよ(?_?)。

うちの店長、
お子さんたちにすごく愛情深い方、
という印象がありました。
ちょっと溺愛かな、
と思った事も。
息子さんも個人的には存じ上げませんし、
人のお子さんを悪く言うのは憚られますが・・・


でもさ、
店のお金は
ワタクシたちが働いた結果
のお金だから(ノ´∀`*) 。




怒る権利も、あると思うんだよね。
実際、ワタクシやり切れない思いと共に、
怒りも感じたのでしたよ。やっぱり。



次回、ま、とにかく金目の物は
持って働くようにしたのでしたがーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



ちなみにワタクシ、固定電話はありましたよ?

seehrt (1)

ワタクシ、あまたの悪環境で
働いてきたのでしたが。

それにしても、
「職場でゴミ一つ捨てる事は許さぬ」
っていうのは
斬新で( ゚д゚)ウム。


びっくりしながら
働いていたのでしたが。

・・・例えば自分の子供が就職して、
仕事場でそんな事言われたら
どう思うんだろうね。
人間扱いされてないにも程がある(--〆)。



seehrt (2)

そんな店長。

一度出勤してきた後に
自宅に戻ってしまい、
OPENの時間寸前に滑り込んでくる
というような事が
一度二度・・・ありました。
早く来るようになったので、
より気づくようになったのですが。


「・・・お家の方、
大丈夫ですか?」


もう何度目かの時、
ワタクシなにかトラブルかと思い、
心配して申し上げたのですが、

「なんでもないですー」

店長はそう言うだけで、
ささっと裏に隠れてしまうのです。


「( ^ω^)・・・」




別にいいけど。
そう思っておりましたら、
ある日の事、
二人だけの時に
チューリップさんにこう切り出されたのです。


「・・・あのね、
一応言っておいた方がいいかなと思って」


はあ(。´・ω・)?

「店長、
時々こそこそしてるのってさ、
あれ、息子のせいなんだよね」





そういえば。
ニートのお嬢さんの下に
まだ学生さんの息子さんがいるって言ってたっけ。
どうも学校でうまく行っていない、
成績もはかばかしくない、
学校の先生に相談したら、

「携帯もたせてあげてないから
友だちに馴染めてない」

って言われたんだけどって、
前に相談されたっけ。
その頃ワタクシも携帯持ってなかったんで(ノ´∀`*) 。



その子がどしたとね?

今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

単刀直入に申し上げますと。
なんと

店長の息子が
深夜から早朝にかけて
度々店に侵入して金庫こじ開けて
つり銭とか、
酷い時には売上盗んじゃってた


んですけれど
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ !





「一応うちらも私物気をつけよう?」

ってチューリップさん、
早く言ってよΣ( ̄□ ̄|||)!


次回、その詳細は。
注意されても止めない
バレても平気はヤバいよヤバいよーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



福利厚生、以前の問題ほとんど虐待。

sonoato (1)

ワタクシ、そんなこんなで
ちょっと早く出勤しては
ボーっと天井を見上げる事になったのでしたが。



sonoato (2)

お子さんを保育園に送り届けてから
車で来るチューリップさんは、
大抵の場合、
ワタクシよりそれでも早く来ていて、
ひんぱんに(´~`)モグモグタイム、
朝ごはんを食べたり
備品のポットでやはり備品のお茶を飲んだりして
すごしておられたのでしたが。



sonoato (3)

ある朝の事でした。

「おはようございます」

裏口から店に入りますと、
直結したバックルームで
丁度チューリップさんが何か食べ終えて、
その包装紙だなんだを
コンビニのビニールに入れて、
口をキュッとしばったところでした。



sonoato (4)

チューリップさんは
ワタクシの顔を見ると、
そのゴミを自分のバッグにほいっと放り込みながら

「店長、
今、家に戻ってるから。
ちょっと遅くなるかも」



店長、
いつも一番に来て鍵を開けて、
金庫からつり銭を出したり等しているのですが。

「・・・そうなんですか?」

ワタクシ、なんかあったんだ?
とは思ったのですが、
それ以上別に深い事は考えませんで。

それよりも。

実は先日来より
ワタクシたちパートは、
昼にスーパーで買ったお弁当の容器とか、
とにかく我が身から出るゴミを、
店に捨てては行けなくなったのでした。
ある日店長がワタクシたちの下に来て、

「ゴミ袋が
すぐにいっぱいになっちゃうから」


これから一切ゴミ投棄は不可、
だってお金がかかるから嫌だとな。

「えっΣ(´∀`;)」

ワタクシ、あんまりな申し出に一瞬絶句致しました。
そして、昼はほぼ100%外食産業のお力を借りていたワタクシ、

「じゃあ、どうしたらいいんですか」

と食い下がってみたのでした。
しかし、一見常識人っぽい風貌、
美容師さんというより
お勤めでもしている
友だちのお母さん風味の風貌に反して、
店長ったらたまにこういう突拍子もない事を言い出して、
そして一度言い出すと
絶対譲らないのです。


「持って帰って」

「え、ワタシ嫌です。
夕方まで毎日自分のゴミ貯めておいて、
それを持って電車に乗るの!」

「ま・・・アタシは自分の車だから」


チューリップさんは既にあきらめて
半ば白旗を上げておりましたが、
ワタクシどうにも承服が行きませんで。
更にああだこうだ言ってはみたのですが、
まったく埒があきませんで。
なのでついには

「労働契約書もそれっきりですけれど、
今のところなんの福利厚生もないのに、
ゴミ一つ捨てられないって
おかしくないですか!?」


って事まで言っちゃったんです(;゚д゚)ゴクリ…










「うん、
でもとにかくダメだから」



試合終了Ω\ζ°)チーン。

今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

経費削減
は日々言われていたんですが、
店長、その割には買い物好きで。
ドライヤーを壊れてないのに買ってみたり、
それよりなにより
百均
に行くのが好きな方で、
色々買ってきちゃうんです。
鉛筆削りだけでも5個6個ありました。
ペットボトルに削りカスが貯められるとか、
色々タイプは違うんですけれど・・・


っていうか、
ゴミ袋は普通に買って下さい(゚∀゚)。



次回、店長ったらその後も。
度々朝から家に帰っちゃう、
そしてそれには予期せぬ理由があったよーー(゚∀゚)♪



gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。



プロフィール

daihime47

Author:daihime47
大学中退、
20代で美容師の資格を取得後、
派遣社員等を経て一般企業に就職。
15年ほどの会社員生活の後、
勤務先でパワハラセクハラを受け、
弁護士を入れて
協議の上退社。
美容師に復職するも、
現在は持病の治療をしながら
おいとま生活を送っております。

猫ブログ「ぶち猫部」も
日々更新しています。
同級生は
キャメロン・ディアスと
マツコ・デラックスです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR