確かに若いって、自信満々かもしれないね。

koes (1)

ワタクシ、
美容院勤めに復帰してからの数年。
若い同僚たちには
大変お世話になってきました。
採用にあたっては
そんな彼らとの
年齢差を気にされる事もありましたが、
実際は、
十も二十も年の離れた、
ワタクシの子供でも
なんならいいような子たちは、
あんまりそんなの気にしないのです。
少なくとも
そんな風に接してくれるのでした。



koes (2)

しかし実際ワタクシもいい年ですので。
他業種が長かった事もあって、
美容師になる男の子たちって
タイプが似てるなーとは思うんです。
ちょっと自分に自身があって、
なんでも”こなれている”風に
振る舞って、
自分は上手く世渡りできると
信じている・・・

実際、美容院のオーナーって
なんだかんだで男性が多いので、
男性従業員は重用されるのです。
性的な意味ではなくって、
”仲間意識”的な事。
女性客で稼いでいる仕事だからって、
女性に優しいかといえば
そこは関係ないんです( ゚д゚)ウム。

新しい職場にも男性スタッフが
一人おられましたが、
彼も店長の庇護の下、
わりと堂々と振る舞っていました。
奥さんにも時にはきつくって、
傍から見ていると
ギョッとする時も。
でも、そんな場面でも
店長が注意等一切しないので、
そっちの方がギョギョギョッ、です。

そんな彼。
「床を濡らすな」
の注意を、
恐らく店長に言われたのでしょう、
ある日伝えてくれたのでしたが。
そもそも練習方法についても、
一つアドバイスがあると言うのです。
ほほぅ(。´・ω・)?

「毎回毎回、
店長に感想
聞いた方がいいですよ」


聞いてますか?
と言うのでワタクシ(・ω・`≡´・ω・)ノーノ‐。
例えば一つの課題があったなら、
80%ぐらいこなせるようになってから、
「どうでしょう」
と聞くようにしてました。
分からない事は都度都度聞きますけれど、
まずは大方自分でものにしてからでないと・・・

「うちの店長は
それじゃダメですよ」

「え、でも
しょっちゅうだと
うるさがられない
かなぁ(;´Д`)?」

「“頼られてる”って
思わせないと!
うちの店長、
そういうの好きな人だから。
かわいがられると、
意外にチェックも
甘くなったりして・・・
得するのは自分ですよ」








・・・( ´_ゝ`)フーン





たぶんそれ、違うと思うけど。
色んな意味で。

今日もがんばります😉。

転職・キャリアランキング
  

とはいえ。
ワタクシのためにと
良かれと思って言っているのは
伝わるので。

「ま、今度
やってみるわ・・・」


、でも、結果はやっぱり
玉砕(ノ´∀`*) 。

ワタクシがそんな事やったって、

「自分である程度
やりこんで!
その上で来てよ!」


二度三度ご意見伺いに行く内には、
そんな風に言われて
ただ叱られてしまったのでした。


「だから
言ったじゃんー|д゚)」

「おかしいな( ̄▽ ̄;)」



ま、こんな軽口が叩けたり
するぐらいには、
ワタクシ
彼と打ち解けてはいたのでしたが。
それだけでもありがたいのですけれど、
上っ面で世渡りできている、
これからも行けると思ったら
ちょっと違うんだぞと、
そこまでは言えない、
言わないのでした(´∀`*)ウフフ。
ま、その内分かるでしょ。


次回、しかしワタクシ、
ここで働いて行くのだろうか・・・
自分の判断基準を見つめ直すよー(゚∀゚)!


gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

daihime47

Author:daihime47
大学中退、
20代で美容師の資格を取得後、
フリーター、派遣社員を経て一般企業に就職。
15年ほどの会社員生活を経験。
40代で、勤務先から
弁護士を間に入れざるをえない程の
パワハラセクハラを受け、
退社後美容師に復職するも、
現在は持病の治療をしながら
おいとま生活を送っております。

愛猫ブログ「ぶち猫部」も管理しています。
同級生は
キャメロン・ディアスと
マツコ・デラックスです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR