自分を誉めてあげたいので誉めてあげました。
こんにちは。
白い壁を見つめて、「ふー」と一息吐きました。daihime47です。
先日来より無職になり。
ふと今までを振り返って思ったんです。
「いやー、今日の今日までよくよく働いてきたなー」って😆。


ワタシ、子供の頃から。
いつも、一円でも、稼ぐという事を考えてきました。
友だちの家に遊びに行ったのに、
その家のお母さんの内職を手伝ったり
(お駄賃もらえなかったけど🙀!相手の方が上手🙀🙀!)、
社会科見学で行った東京競馬場で、一人目をギラつかせたり。

・・・ま、ギャンブルは稼げないって、すぐに分かりましたけど。
日曜夕方の、競馬場から駅に向かう人の背中を大量に見ていたら。
夕日さえ、いつもより赤く見えるってもんですよ(´;ω;`)ウッ…

ちなみに、小学校の社会科見学で、
酒造会社と競馬場に行くのはどうですかね。
近いからってー(´っ・ω・)っ。
ま、ワタシたち市民の財政を支える大きな柱ではあったんですが。
でも東芝は行ってないぞー、ちょっと遠いからってー(´っ・ω・)っ。


・・・でもー、そもそもどうして、
ワタシがお金を稼ぐ事をそんなに考えるようになったのか。
それは、家にお金が無かったから。
五人家族でも、そこそこゆったりな団地に住んでましたが。
当時は珍しい方ながら、
きょうだい全員、小学校から塾に行ってましたが。
必ずしも、傍からはそうは見えなかったかもしれないけれど。
でもワタシ、自分のピアノのレッスン料、払いが遅れがちなのは知ってました。
→持参するシステムだったんで。
洋服や雑貨はあまり買ってもらえなかったし、
母親が時々食事を抜いているのにも、段々気が付くようになって。
事態は悪化の一途だったから、
ぽろぽろ何かがはがれていくのを毎日眺めているような気持ちでした。


父親の仕事は、私の知る限りずっと上手くいっていなかったはず。
母親は働きに出ようとしてた事もあるけれど、
「σ(゚∀゚ )オレが家族を養えない男だと人から思われる」
と、父に怒鳴られて尻込みしてました。
だけれど、中学から私立に行ったきょうだいの授業料とか、
そもそも入学金とか、
いやそもそも生活費の足りない分とか。
全部母方の実家から出してもらってたんだよね。



親に、家族を養うに充分な収入が無いという事。
無力な子供の👀からは、
とっても、圧倒的に大きな問題に映りました。
「家にお金がない→最終的には死」
だと思っていました。
公的な支援とか、オヤジの見栄の前では何の話ってところですよ。


そうして染みついた恐怖心で。
ワタシ、ずっと働いてきました。
15歳で寿司屋の洗い場、
高校の時はスーパーのレジ。
早朝からサンドイッチ屋でバイトしながら浪人、
大学は2部だったので、
昼間は有楽町のビル群の中を、
巨大なカートを引っ張って回って、紙ごみの回収をしていました。


就職してからも、転職は何度もしたけれど、
長期に休んだのは、何度か電池切れを起こして倒れていた間だけ。
働き方も、いつも職場一番の働きものになるか、
嫌と言っても終電過ぎまでも帰してくれないブラック企業につき合わされるか。
ホドホドって、この世にあるんでしょうかと思いながら生きてきました。
つい数日前、無職になるまでは(*ノωノ)。



hIMG_0821 (59)
ネエチャン、前転ッテドウヤルノ。
しなくていいです。



ついこの前、ある日の事。
「お金が無くなって死ぬ」より、
「働き過ぎてボキボキに心の背骨を折られてしまう方がその確率が高い」
って事に、突然思い当たりました。
恐怖感に手綱を取られて、間違った方を向いてゲートインして、
そのまま走っていた自分にやっと気が付いたんです(*ノωノ)。




そんな訳で。本日まだ無職です。明日も頑張ります( *´艸`)。


転職・キャリアランキング

頑張らないかもしれないけどー(・´з`・)。


gIMG_1496.jpg
「ぶち猫部」という猫ブログもやっております。よろしければ遊びに来てね。
スポンサーサイト



【2019/09/21 01:11】 | 職歴 | コメント(0) | page top↑
<<言われなくても知っている。 | ホーム | ひみつひみつ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |